スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元気!最後まで…

昨日、ある合同練習に参加しました。

5チームほどが集まっての稽古だったのですが、気になったのは、6年生が少ないこと…。

ウチは6年生全員が参加していましたが、他の道場は各々1名いるかいないか…の状態でした。

新チーム体制にしているのかな?と思い聞いてみると、

「6年生が練習に来ない…」
とのこと。

たしかにこの時期は、6年生が出場できる試合が少なくなります。
また、中学校で柔道を続ける子は、中学校への出稽古が許される時期でもあります。


でも、だからって…(・・?)


ひどいケースになると、

「ウチの子は、もう試合がなくておもしろくないからやめます」

「中学校に進むのに、下の子と稽古しても意味がないのでやめます」

そうやって、卒業を間近にして、やめて行く子もいるそうです。


・・・・(・・?)


なんかおかしくない??


ウチの道場では、入門する時に
「必ず6年生最後まで続ける」
という約束があります。
だから、よほどの理由がない限り、ほとんどの生徒が6年生の終わりまで辞めずに続けています。

誰にだってイヤな時はあります。
つらいこと、やめたいこともあるでしょう。
でも、それを乗り越えて最後までやり遂げた時、それはきっと大きな自信につながります。


そして、最後までやり抜く力を身につけた卒業生たちは、中学に進んで始めたクラブでもそれぞれ主要選手となって頑張っています。

今、ウチの6年生は3月7日に行われる
最後の試合に向けて猛練習中…
どうしても、このチームで優勝して終わりたいんだそうです。


稽古の前には、今日の課題を話し合い、結束を固める円陣を組みます。

稽古が終われば、それぞれの足りない部分の研究、
休みの日の自主練の打ち合わせをします。


6年生を中心に声を出し、気合いの入ったいい稽古をしています。


下級生はそれをじっと見ています。

直接、組んで、手解きを受けることもありますが、
練習態度や礼儀作法を見て、マネをして、身につけます。


新チームでの試合の時は、6年生が付き人をします。

そうやって、いろんなことを後輩たちに伝えるのです。

6年生に引退なんてありません。
今こそが、6年間の集大成…
卒業していく6年生にとっても、下級生にとっても、1番大事なときだと思うのですが…。


なんとも残念な話ですね…。








最後まで読んでいただいてありがとうございました。
ポチッと押していただければ嬉しいです

コメント

スポーツマンとして、いえそれ以前に人間としての基本姿勢だと思いますね。
何事も最後が肝心と言いますもの。
空豆ちゃんの道場からは逞しく成長した子達が巣立って行きますね。
とってもステキ!

空豆さん家族、仲間の生き方がこれからの、長い人生の「決して逃げずに最後までやりぬく」ことの大きな、人生の糧となる見本だわん。
(*゜▽゜ノノ゛☆パチパチ

なんか、今どきの…って感じがするね!私たちの時代には考えられない話だわでも、これが現状なのかな?

コメントありがとうございます♪

マコトさん
地元の中学校には柔道部がないので、大体の卒業生は新しいスポーツに挑戦しています。でも「最後までやり抜く力」「上下関係の厳しさや礼儀」は、しっかり教えてあるので、みんな頑張って最後まで続けられてるみたいです。

蘭太郎さん
試合で勝てなくても、成績悪くても、最後まで続けることが実は1番難しくて、心が強くないとできないことなんですよね…
それを自然と身につけてくれたら…と思います。

岐阜の妹へ…
そう…「今時の親」を象徴しています。本当に利己主義な人が多い…。
古いかもしれないけど、恩や義理人情ってないんだろうか…?って思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

空豆

Author:空豆
女柔道整復師
接骨院院長であり主婦であり
1男の母でもあります。

カテゴリー
ads by Google
最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最近のコメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
最近のトラックバック
★超便利★ブックマーク登録
Yahoo!に追加
Googleに追加
livedoorClipに追加
♥. ♠. ♣Alice
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。