スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元気!たぁちゃんの大冒険

実家の母から電話がありました。
今年はお盆明けに全国大会があって、バタバタするので、実家には帰らないつもりだったのですが、母の仕事の休みがとれたので、息子だけでも、こっちに来させないか?との提案でした。

息子に話すと2つ返事で、「行く」と答えました。  

ただ問題が1つ…
平日は私が仕事でついて行けないので、息子1人で新幹線に乗って行かなくてはなりません。

「駅まで送ってくれるんやろ?なら、大丈夫やわ!」

息子の鼻息も荒いので、1人で行かせることにしました。


新幹線の時間を調べ、お迎えの打ち合せも万全にし、いざ出陣


新幹線に1時間半座ってるだけで、おばあちゃんが迎えに来てくれて…なんの問題もない簡単1人旅のはずだったのですが…


ハプニングが…


朝、駅まで送る途中で、車の渋滞に巻き込まれ、予定していた新幹線に乗り遅れてしまったのです


我が家の最寄りの西明石駅と実家の最寄りの岐阜羽島駅には普段、各駅(こだま)しか停まりません。
だから普通は大体、新大阪で乗り換えなければならないのです。
でも1日に数本だけ、どちらにも停まる東京行きの「ひかり」があります。
それに乗れば、乗り換えなしで岐阜羽島まで行くことができます。      

それに乗るはずだったのですが…

ン( ̄□ ̄;)!!



乗り換えなしの直通はしばらくありません…



向こうでの予定や私の出勤時間を考えると、次の新幹線に乗ってもらうしかありません。
(もちろん、乗り換えありです


「大丈夫?できる?」  

「う、うん…」

目は完全にアイフル犬になり、今から試合でもするのか?というような顔はカチカチに固まってます。


「子供1人で岐阜羽島まで行くのですが…」

近くの駅員さんに尋ねると、時刻表や駅の地図など、いろいろ照らし合わせながら、丁寧に調べてくれました。


「乗り換えのためにホームや番線を移動しなくてはならない新大阪より、降りたホームで次の新幹線を待つ京都で乗り換える方がいいですよ


・京都で降りること
・降りたホームの反対側で 待つこと
・「こだま」に乗ること

何度も何度も説明し、いよいよホームへ


ホームに上がるとすぐに新幹線が入ってきました。
息子はもう一度注意事項を復唱し、乗り込みました。

「京都やでこだまやで

ホームから大声で叫ぶ母とうなずく息子に、他のお客さんが気付き、1人、座席に座る息子に声をかけてくれました。


出発進行
息子は強ばった笑顔で手を振りました



1時間半後…


「改札口にて無事確保」母から連絡がありました。


息子から一言…
「楽勝やった

(うそつけおまえ、泣いとったやないか



どうやら、母の大冒険だったみたいです。

コメント

たぁちゃん、ファイト!

確かに、なぜか今日はi-33が、混んでました。私も、遅刻寸前でしたから・・・。
駅まで行ったら、行くっきゃないi-32
親としては、とっても心配なんですけどi-230

楽しんで、帰ってきた報告を、待っていますv-49

見たかったな~

いつも自信に満ち溢れ、落ち着いている忠大君しか知らないので、一度、その焦った姿、顔、見てみたかったな~!

しっかりした息子さんですね!
駅からの帰りは勿論ランニングですか?
子供達はどんどん出来ることが増えていき、大人はどんどん出来ていたことが出来なくなる。
死ぬまで勉強もあるけど…
なんか悲しいようなうれしいようなですね!

昨日、無事にお預かりいたしました
我が家に到着後、「新幹線大丈夫やった?ちゃんと乗り換えできたんやなぁ」と聞くと「全然楽勝やったゎでもなお母さんが、駅のホームでなぁ…」……(沈黙)「どうしたの?」「うん、駅のホームで、めっちゃ大きな声で、こだまやで京都で降りるんやで反対側のホームやで東京行きやでって、叫んでて…めっちゃめっちゃ恥ずかしかったゎ」と、話していました…きっと、涙目になって、不安そうにしていたんだろうけど、それ以上に恥ずかしかったみたいですょどっちもどっちだね

空豆さん、今回の事件はこれはドキュメント、小説ものですね。
息子さん、また、ひと回り大きくなりましたね。
頼もしいわん。
(*゜▽゜ノノ゛☆パチパチ

息子さん頑張りましたねっv-91
イメ~ジとしては初めての お使いみたい。。
好奇心はイッパイだけど突然の予定変更にも
動じなかった息子さんは偉いですぅ~。

可愛い仔ライオンってこですか

苦労は買ってでも・・・なんて言いますけど、どちらもほんとに不安だったでしょうね。
私も小学6年生の時に、3つ年下の弟を連れて岐阜まで行ったことがあります。乗り物酔いする彼を連れての旅は本当に心細かった記憶があります。
それを思えば、一人で新幹線、エライ!よく頑張りました、親子で(笑)

コメントありがとうございます♪

さくらさん
親としては心配ですよね…本人は思ったほどじゃなかったみたいです。楽勝だったそうですから

小さな柔道家さん
試合の日は朝から、結構こんな調子ですよ昨日はさすがに私もオロオロでした

ハナジンさん
さすがに走って帰ることはないですが、向こうも柔道一家なので、道着は持っていきました。

岐阜の妹へ
お世話になります意外と母より息子の方がしっかりしてました…ちょっと腹立つわ

蘭太郎さん
この経験を夏休みの作文にしようと思います

アクアペンギンさん
そうそう…きっと彼の頭の中は「なぁんてこと~ないさッ」の歌が流れてると思います。

阿修羅王さん
はい、按ずるより産むがやすしってコトで…

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

空豆

Author:空豆
女柔道整復師
接骨院院長であり主婦であり
1男の母でもあります。

カテゴリー
ads by Google
最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最近のコメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
最近のトラックバック
★超便利★ブックマーク登録
Yahoo!に追加
Googleに追加
livedoorClipに追加
♥. ♠. ♣Alice
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。