スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元気!Best Friend…

大学時代の友達から電話がかかってきました。

電話で話すのは、何年ぶりかな…?

久しぶりの電話なのに、第一声は…

「おい!デブ!おまえ、ちょっと痩せろよ


・・・・・( ̄□ ̄;)!!


(おまえ、見たんか…?)


「体年齢、55歳なんだろ?いい加減にしろよ


(4…49ですけど…)

でも、ブログ見てくれてるんだ…

昔から、こういうヤツだった。

大学時代も、試合で負けて落ち込んでいる私にまわりのみんなは、
「大丈夫!次があるよ。また頑張ればいいじゃん…」
そう言って慰めた。


でもヤツは違った…

「おまえが弱いから負けるんだよ。悔しかったら、強くなれ

でも、そんなきついことを言いながら、黙って居残り練習やトレーニングに付き合ってくれた。


先輩や同期のイジメ(体育会系女子にありがちな…)にあった時も、矢面に立って守ってくれた。

そしてただ一言
「弱気になるな。強くなれ!」
と言った。


卒業して、お互いに家庭を持ち、いつのまにか連絡もとれなくなった…。


何年か前、偶然、連絡先を知り、時々メールするようになった。


「おまえ、また弱気になってるだろ?相変わらずだなぁ…ビビってんじゃないよ


・・・・・・(・・?)


一瞬、何のことか分からなかったけど、


そうか…


最近、ちょっと不安なことが重なって、なんとなく、ヤツにメールしてたことを思い出した。


相変わらず、口の悪いヤツめ

でもありがたかった…


その後、何事もなかったかのように、それぞれの息子の自慢話になった。

「おまえんちの息子が全国3位なら、うちは優勝だな

「アホか?まだ3年生やろ?全国出れるようになってから言え


「おまえんちには絶対負けへんからな


そんなバカな話を延々として、電話を切った。

今、思うと、ヤツは相当酔っていた…。


ふふふ…(^ω^)

なんだかおかしかった。


次にメールが来るのはいつだろう…?
次、電話で話すのは何年後…?


でもヤツは私の大事な大事な友達です。


あっ…
でもそのうち、「ブログの出演料払え!」って言ってきそうだな…

スポンサーサイト

元気!体年齢って…

日曜日、健康支援ウォーキングがありました。

自治会・婦人会・老人会・子供会で作る「まちづくり協議会」の主催です。


今年は役員になっているので、大御所の命令で半強制的に参加しました


朝、集合場所に行くと、参加者は大半が老人会の面々…
私たち子供会の役員は完全に「若い衆」です。


その中でも1番若いのが私…(いやぁ、40ですけど)

まずは、血圧測定。
120/70 mmHg
教科書どおりの正常値


「やっぱり若いねぇ…」
「健康そのものやねぇ…」

まわりのおばちゃんにチヤホヤされて鼻息荒々


「じゃぁ、次は体重はかってね…」


えっ(・・?)


いやだぁ

帰るぅ


「何言ってるの!若いもんが


無理やり乗せられた…


体脂肪計に乗せられ、手を伸ばして、棒みたいなのを持たされ、からだスキャンされた…。


「もういい?」


「ダメ!全部数値が出てから!」


・・・・・・・

何か数値が出てきた。


体脂肪率だの
筋肉率だの
基礎代謝量だの

いろいろ項目が出た。

どれも、極めて軽度肥満に近いギリギリ標準値…


最後に…

『体年齢…49歳』


( ̄□ ̄;)!!


記録係のおばちゃんが
「そ…そんなふうには見えないけどねぇ

ものすごくバツ悪そうに慰めてくれた


さて、これがみんなに広まるのは時間の問題だった。

5分後には、1番若いはずの私のことをみんなが、

『姉さん』…

と、呼んでいた…


もぉ…
体年齢って何よ



元気!緑のカーテン実行委員会

接骨院の西側の窓に、
「緑のカーテンを作ろう」ということになりました。

言い出しっぺは農業を営む患者さん、75歳のおじいちゃん。


最近、夏になると、市役所などのエコ活動で、ゴーヤや朝顔を使った緑のカーテンをよく見かけます。


うちの接骨院も西日がきついので、毎年ヨシズを立てていたのですが、今年は、朝顔で緑のカーテンを作ってみよう!ということになったのです。


とはいっても、私にはガーデニングの知識も趣味もありません。





「じゃあ、○○さんにお花大臣を任命するわ!」


「わかった!でも、もうすぐ田植えも始まるし、1人ではなぁ…」


「大丈夫!ほかに△△さんと▲▲さんをお花委員に任命しとくわ


園芸や野菜作りが趣味の患者さんを何人か指名すると…

「え―私??」

とか言いながら、まんざらでもない様子…


結局、何人かの患者さんがノリノリで、あっという間に…

「緑のカーテン実行委員会」

が、立ち上がりました。


さて、それからが大変

話の次の日には、

畑の土を持ってくる人。

肥料を持ってくる人。

朝顔の苗を持ってくる人…

中には早くもツルを伸ばすネットまで用意してきてくれる人までいました。


治療の前に土を混ぜ、治療が終わると苗を植え…

あぁでもない…
こぅでもない…

治療が終わった人から、外で、なにやら作業をしています。


最初に任命されたお花係に限らず、結局、その日きたほとんどの患者さんが(口だけを含め)何かしらの作業に携わっていました…

私はというと…

中で、しっかり本業だけを全うさせてもらい、
「できたよ」の声に、外に出ると…


プランターに並んだ朝顔。

その他に、今咲いてる花のさし木や、草引き…

植え込みの剪定まで終わっていました。


いったい、ここって…?



それにしても、ありがたい…

感謝、感謝です…


さて、週明けの月曜日…

お花係の1人がおうちで咲いた切り花を持ってきてくれました。

もう1人のお花係は、朝顔のチェック!
苗はしっかり馴染んだようです。


そして、今日もお花と笑顔がいっぱいの接骨院の1日が始まりました。


緑のカーテン…
楽しみだな…



元気!休校解除へ…


たぁちゃん
ただいま増量中…


休校になった5日間…

登下校で往復2キロ歩くこともなく…

休み時間に遊び回ることもなく…

みっちり稽古することもなく…


ただただ家にこもり…

宿題やって…

お手伝いして…

テレビ見て…

近柔読んで…


あとは食べるだけ…


しかも!
休みの間にすっかり料理にハマり、創意工夫を凝らして自分で作った昼ごはん


そりゃ増えるわな… 



さっき「頭が痛い!」って
電話があった…

一瞬、ドキッとしたけど、どうやら、運動不足とストレスで頭痛がしたらしい…


引きこもり生活もそろそろ限界かな…


そう思っていると…

学校からの連絡網。

「月曜日から学校再開します。給食もあります。
みんなの元気な顔を見せて下さい


よかったね…


たぁちゃんの増量も、とりあえず終息かな…


元気!たぁちゃんの嘆き


たぁちゃん、
ただいま休校中…

不用不急の外出は避けるようにと言われているので、ずーっと家にこもって、軟禁生活を余儀なくされています。


学校が休校のため、道場もお休み。

これが、たまらなく不安らしい…

朝のランニングだけはしてるけど、それが終わるとあとは籠の鳥です。
(鳥?デカいけど…)


昨日も、
「オレ、今までにこんなに稽古休んだことはない…」と言っていた…

おいおい…
まだ稽古日、1回とんだだけですけど…


でも、1日体を動かさないってことが、本当に長く不安に感じるんだろうね

「みんな条件は同じやで!」

とは、言ったものの、ちょっとかわいそうになったので、ちょっとだけ相手してあげることにした。


3日ほど道着着てなかっただけなのに、
「道着ってこんなに固かったっけ?」とか
「あれ?こんな感じやったっけ?」
めっちゃうれしそうに戸惑っていた。


何回か反復練習を繰り返し、最後に1本勝負をした。

この3日間、録り蓄めた柔道のDVDを見倒してたたぁちゃん…。

イメージトレーニングばっちりだったのか、今日は妙に強いぞ…

そして…
最後に…

バッコー―――ン

投げられた


「よっしゃ勘は鈍ってないわ


だから!
1回休んだだけだって

これで多少ストレスは解消できたようです。


自分のクラスにインフルエンザで休んでる子が5人いても、学級閉鎖にすら、ならなかったのに、学校中に1人も、ましてや町内に1人の感染者も出てないのに、1週間も休校なんて、なんか変やわ

というたぁちゃんの意見。

ごもっともです…


元気!マスク

インフルエンザ感染を防ぐため、
・マスクの着用
・手洗い
・うがい
が、励行されています。

私も仕事柄、人との接触が多いので、マスクをつけるようにしています。

ところが、このマスクがとても窮屈で…


私はこの2~3日で、毎日マスクをつける職業の人をすっかり尊敬するようになりました。

まず、耳が痛い!
あの、引っ掛けるとこのゴムがなんともいえない…
耳が痛いと肩も凝る


それから、暑い!
マスクの中が蒸れ蒸れになってる
でも、もしかして、これで顎のラインがシャープにならないかな…と密かに期待している…


そして、息苦しい!
マスクつけたまま喋りすぎやねん!って指摘されそうだけど、でもやっぱりたまに思いっきり深呼吸したくなる…


でも、今はそんなこと言ってられないよなぁ…
だって、マスクしないで、咳やくしゃみしたら、
キッって睨まれちゃうんだから


それにしても、マスクが手に入らないのにはびっくりだよ…
店頭に並んだと思ったら、5分で完売だって


我が家の在庫も、そろそろ厳しいので、今日、実家に「マスク送って!」要請を出しました。


ちなみに、学生時代の友達から「大丈夫か?」ってメールが来ました。
心配してくれてるんだ…
ありがたいなぁ…と思いながら読んでいたら、

最後に…

「まぁ、豚インフルエンザには昔から感染してたから、おまえには免疫がある!大丈夫や

って書いてあった…



( ̄□ ̄;)!!



元気!えらいこっちや

ご存知のとおり、兵庫県で新型インフルエンザ蔓延中…

日曜日は県の小学生学年別大会も予定されていた。
いわゆる全国小学生大会の県予選…。

この日のためにめいっぱいの稽古を積み、心と身体も調整し…
コンディション完璧

いざ出陣

の、はずだった…。

でも…
中止になっちゃった


私なんかさッ
先週の母の日のプレゼントこの日までお預けにしてもらってたのに…

たぁちゃんなんかさッ
この日まで、どんな思いで炭酸断ちしてきたか…

あぁぁぁぁ

プシュッ!

ゴクゴクゴク…

プハーー

の、イメージはバッチリできてたのになぁ…


しばらく、おあずけです。

だけど、
絶対、美味しいサイダー
飲もうぜ



元気!顔剃りノススメ

妙に髪を短くカットした患者さんが来た。
(50代のおばちゃん)


「おぉ!散髪したん?」 

カットじゃなくて、敢えて「散髪」って言うにふさわしい頭やってんもん…。


「うん。あたし、いっつも散髪屋やねん


やっぱり…


「散髪屋はいいでぇ…顔剃りもしてくれるし、シャンプーもしてくれるし、めっちゃ気持ちいいで

ずいぶん前から散髪屋派らしい…


でもたしかに「顔剃り」は気持ちいい…

実は私も「顔剃り」だけに散髪屋に行ったことが、何度かある。

子供の頃、おとなりが散髪屋で、長い間、そこのおばちゃんのお世話になった。もちろん、顔剃り付き!


その頃の快感が忘れられないのか、今でも時々、無性に人に顔剃りをしてもらいたくなる。

最近は、女性専用のエステ&顔剃りのお店を見つけたので、そこで顔剃りだけお願いしている。

しばらく、そのおばちゃんと「顔剃り談議」に花が咲いた。

自分でするって言っても、目の下や小鼻の横なんか、怖くてできへんやん…
眉毛もきれいにしてくれるし…
終わったあと、めっちゃスベスベになるし、色も白くなるよなぁ…

それに何がいいって…

『耳

これはバッチリ意見が一致した。

耳の回りの毛って剃ったことある?

サッサッサッ…

あの音がなんとも言えないのよね…


でもそのおばちゃんにも、1つだけ悩みがあるんだって…。

これだけ散髪屋を愛用してても、やっぱり男の人と遭遇するのは恥ずかしいそうで、できるだけ男性客と鉢合わせないような平日の、昼間を選んで行ってるらしい…。


まぁ、顔剃ってるだけならいいけど、下向きでシャンプーしたり、バリカン使って刈り上げてる姿は女として見られたくない…ってことかな


とにかく「顔剃り」おすすめですよ
最近はレディースシェービングの専門店も増えてるようです。

たまには、いつも頑張ってる自分へのごほうびに…
どうですか?

元気!お誕生日おめでとう☆

道場の稽古が始まる前…

「先生、今日私の誕生日です…」

1人の女の子が言いに来ました。

2年生で、最近、試合デビューしたばかりの恥ずかしがり屋さんです。
(でも強いんだよ!!)

「よし、分かった!泣かずにできるかな?」

「はい

元気のいい返事です。


泣かずに…(・・?)


そう!お誕生日の子には、特別なかわいがり稽古が待ってるのです。

高学年が集まって、ひそひそ相談しています。

稽古が始まり、
まずは基立ち3連チャン。
普段はなかなか相手をしない5・6年生のお兄ちゃんが次々にかかりに来て、
バンバン飛んでくれます。
2年生にとって、基立ち3連チャンはかなりきつい内容です。

ハァハァ
息も上がり、顔は真っ赤になっています。
でも泣きません

いつもなら、とっくに泣きが入ってる泣き虫ちゃんが、今日は泣いてません。

まわりのみんなが励まします。
「がんばれ!」
「ファイト!」
「もう少しやで!」

ラスト1本

最後は先生です。
大きな体で、バンバン受け身をとって、投げられてくれました。


『ありがとうございましたぁぁぁ


最後まで、泣かずにちゃんと頑張れました。

「せーの!」
みんながHappyBirthday♪の歌を歌い始めました。
(これも6年生の計画だったようです)


みんなの笑顔を見ながら、またみんな大きくなったな…と感じました。


それから、みんなでカレンダーに自分の誕生日を書き込みました。


さてさて、次のターゲットは誰かな…?


元気!感謝の言葉

昨日は息子のソフトの県大会がありました。

これに勝てば、近畿大会へ進めるという準々決勝…

1回表に息子の3ランを含む猛攻で一挙に5点を先取したものの、1点リードで迎えた最終回…。

逆転サヨナラ満塁ホームランを豪快に決められ、敗退しました。

緊迫したいい試合でしたが、なんとなーく、そんな予感がしなくもなかった…というのが私の本音です。


試合が始まる前、それぞれのチームがノック練習をします。
その後、審判員さんや大会本部の役員さんが、グランド整備をしていました。

ノックを終えた子供たちは、それぞれに水分補給をしたり、試合の準備をしていました。

いつもと変わらぬ光景でした。

でも、ふと、相手のベンチに目をやると…
子供たちは、きちっと一列に並んで、じっとグランドを見ています。

そして、グランド整備が終わると、チームの1人が

「グランド整備、ありがとうございました

大きな声で叫びました。

その後、チーム全員が、帽子をとり、深々と頭を下げながら、

「ありがとうございました

と言ったのです。


ふふーん…やるなぁ


その後も、そのチームは、よく声が出ていました。


もちろん、息子たちのチームの子供たちも感謝の心は持っていると思います。


心の中で感謝はしたけど、口に出しては言わなかったチームと、しっかり口で
「ありがとう」と伝えたチーム…

もしここに神様がいたとしたら、どっちを応援するだろうか…?


試合の間、そんなことを考えました。


「ありがとう」
「ごめんなさい」

やっぱり、言葉に出さなければ、相手には伝わらないよね…

その気持ちは、言葉で伝えてこそ価値があるんです。

言葉に出さなきゃ感謝じゃないんだな…と思うと、自分でも恥ずかしくなりました。


母の日に…
みなさんは「ありがとう」をちゃんと伝えられたかな?

元気!転んでも…

最近、学校で四字熟語やことわざを勉強しているようで、今日もことわざの話になった。

「七転び八起き」ってどういう意味?

「何回失敗しても、それにめげず、立ち上がればいい…っていう意味だよ。」

「ふーん…7回転んでも8回めに起きればいいってことか…でもな、それじゃ、あかんのんちゃうん?
同じ失敗は繰り返したらあかんねんもん。
それに、7回も転ばな分からんなんてあかんやろ?
1回転んで気がつけへんもん、何回転んでもおなじやん。」


うん…
たしかに…


それなら、このことわざはいかが?

「転んでもただは起きぬ」

一般的には意地汚いことの代名詞のように使われているけど、転んでも(挫折しても)、そこから這い上がり、成功した人は数多くいる。

その人達は、転んでもただ起きるだけじゃなかった…

意地汚いのではなく、真剣だったんだね…。

真剣に取り組めば、たとえ失敗しても、ただ起き上がるだけじゃないっていう心構えができてくる。

失敗することを恐れるよりも、真剣じゃないことを恐れた方がいい。

失敗を恐れるよりも、何もしないことを恐れろ!

「転んでもただ起きぬ」よう真剣に生きたいね…。


失敗しよう。
それは出発したということだから…。


これをどうやって説明しよう…?


たぁちゃんに分かるかな?


元気!執念ぢゃ

5月6日 連休最終日…

レギュラー組の稽古の後、マルちゃん杯の祝勝と、頑張って稽古してきたごほうびに、バーベキューをしようと計画していました。

ゴールデンウィークに入る前の週間天気予報では、
6日は晴れ
なんの迷いもなく、お肉を予約し、準備も着々と進めていました。


前日、保護者の1人から電話がありました。


「先生、明日みたいですけど、どうします?」


・・・・・(・・?)


連休中、忙しくて天気予報なんて見てなかったよ

あわてて、テレビやパソコンでお天気をチェックすると…

「降水確率90%

えっ?マジで…


急いで保護者にメールを回しました。

「最終決定は明日の朝にしますが、とにかく祈って下さい


あるお父さんから返信がきました。

「せっかく、竹切って、流しそうめんの準備もしたのに…

祈りましょう


で、6日当日…

チュンチュン…
スズメの鳴き声と明るい陽射しで目が覚めた…。


え―――――っ
晴れてるぅぅぅぅ


すごーい!
流しそうめんの執念か

子供たちの念力か


90%の雨を吹き飛ばしよった…


結局、最後まで降りそうで降らず、黒い雲が近づいても、みんなでキッと空に睨みをきかし…
バーベキューを堪能しました。


神様、ありがとう


元気!マグロになろう!

少々、へこむことがあったので、久しぶりにお気に入りの本を読みました。


ツキや幸せを呼ぶには、やっぱり「前向きな」考え方をすることが大事です。
「後ろ向きの幸せ」なんて、ないですもんね…

あのね…
みんなが持っているもので「前向きに行動するといいよ!」って教えてくれてるものがあります。


それは…
みんなの「体」です。

みんな歩くときは、どっちに歩く?

「前向き」ですよね…

私たちは「前向きに歩く」体を持っているんです。


ついでに、目や鼻や口は、どっちについてますか?
耳はどっちに向いてる?


そう…
「前」を向いています。

前向きの体だから、やっぱり前向きに考えて、前向きに行動するようになっています。いらない心配をしたり、過去のことをクヨクヨ考える体にはなっていない…だから、後ろ向きの生き方や考え方は疲れるんですって…!


疲れるだけならまだしも、自然界には、後ろ向きに行動すると死んでしまう生き物もいます。

それが、マグロです。

マグロは常に前を向いて泳いでいないといけない体になっていて、止まると死んでしまうんだって…。
だから、寝てるときも泳いでる…。


『前向きに食事をし、前向きに買い物をした。
何事も前向きに行動することが可能性を生む。』

イチロー選手も、そう言ってたよ


前を向いて歩こう…

マグロになるぞ!

元気!豚インフルエンザ

今、世間を騒がしてる…
「豚インフルエンザ」
新型のインフルエンザで、すごく危険って言われてるけど、タミフルやリレンザも効くらしいし、感染した人も回復に向かってるとのこと…

実は普通のインフルエンザと変わらないってこと?


今年、たぁちゃんがかかったインフルエンザとたいして変わらないのかな?


過剰に反応してるだけ?


テレビでも、
「鳥インフルエンザと同様に考えてる人が多いようですが、全然異種なもので、鳥インフルエンザほどの毒性はありません。」
って言ってた。


って、話を接骨院でしていると…


「みんな、情報に振り回されてるだけだよ!
豚インフルエンザって言ったって、感染したら豚になるなら、怖いけど…」

『なぁ

「ほんま…まぁ、あたしらは感染せんでも、もう豚になってるけどな…


ははははは…


さすがは関西のおばちゃん


大丈夫
このパワーなら、豚インフルエンザにも負けません




プロフィール

空豆

Author:空豆
女柔道整復師
接骨院院長であり主婦であり
1男の母でもあります。

カテゴリー
ads by Google
最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最近のコメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
最近のトラックバック
★超便利★ブックマーク登録
Yahoo!に追加
Googleに追加
livedoorClipに追加
♥. ♠. ♣Alice
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。