スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元気!同じ釜のムジナ?

大学の後輩から、こんなメールが届きました。


『今年で岡山での全日本女子柔道団体優勝大会の開催が最後となり、女子柔道発展に大きな役割を果たしてくれました。沢山の選手がこの大会を経験して成長していきました。大会に参加した役員、監督、審判、コーチ、選手として参加したことのある有志の皆様から感謝の気持ちを頂戴し、柔道ルネサンス女性プロジェクト部会として岡山大会事務局に感謝の気持ちを届けたいと考え、有志に呼び掛けております。
気持ちを書いて送って頂けたら幸いです。よろしくお願いします。』


私もこの大会には何回か出場しました。
3姉妹で出場したこともあったかな?
懐かしいなぁ…
さっそく、何人かに連絡をとろうと、携帯のアドレスを探していると、電話が鳴りました。
今度は大学の先輩からでした。
何年ぶりかの連絡にちょっと緊張ぎみに電話に出ると、内容は同じくこの大会の件でした。

まずは昔話に花が咲きました。

当時、前日計量の大会は、この大会しかなく、減量のある選手にとって、計量を終え、参加するレセプションでの食事はとても楽しみでした。
(なんで、まず、食べ物の話やねん…)
おかげで大会当日には、実際の階級より数キロオーバーなんてことはザラで、
「あいつ、反則やん!」なんて指さしあったものです。

この大会は、都道府県対抗で、ふるさと選手としての出場も認められていたので、地元チームに戻っての参加選手も多く、同門対決なんてこともよくありました。

あの時の対戦はどうだったとか、あの時の試合はどっちが勝ったとか…
やはり、ともに汗を流し、頑張ってきた先輩とは、なかなか話がつきません。


でも、最後に出た話は、やはり体重の話で、お互いに今の体重を暴露しあい、
ぎゃはは(^Q^)/^と大笑いして電話を切りました。

先輩も私と同じく、ただいま人生史上MAXだってさ
ぷぷっ(´ψψ`)


と、いうわけで、この大会に携わった方で、この記事を読んだ方…ぜひご一報下さい

スポンサーサイト

元気!日本の歴史

6年生になって、社会で、日本の歴史を習い始めました。
今年の担任の先生は自主学習を大事にする先生で、次に習う時代のまとめを1週間かけてするという宿題があります。


まずは弥生時代。
弥生式土器や卑弥呼、邪馬台国のことを調べます。
教科書、資料集の他に参考書、事典を使ってもよいとのこと…。

息子は、いきなり「まとめ」と言われても、どう取り組んでいいのか分からない様子です。

そこで、母、登場…

実は私、こういう
「まとめ&調べ学習」が大好きなんです。

さっそく、資料になる参考書を探しに本屋さんへ…

とはいえ、一応、息子の宿題です。
息子が使いやすそうな…
調べやすそうな…
んでもって、まとめやすそうな参考書を探さなければなりません。


今まで、社会の参考書なんて、見たことなかったけど、結構たくさんあるもんですね…

・カラーで見やすいもの。・受験対策用にノート形式 になっているもの。
・教科書に沿ったもの。

気が付けば、3冊ほど資料を購入してました

さて、まとめ学習開始です。
まずは教科書や資料の大切なところに線を引き、この時代のポイントを探します。
それぞれに小見出しをつけてまとめ、絵や表をつけ加えます。最後に色分けや囲いをして出来上がり!

うわぁ!めっちゃ楽しいやん


おっと
だれの宿題だったっけ
(もちろん、私は指示してるだけですよ)


数日後…

弥生時代のまとめが、学級通信に載っていました。
ノートには『A』


なんだか、めちゃくちゃ嬉しくなりました…


って、だれの宿題やねん

次は古墳時代→飛鳥時代…と続きます。

そろそろ、まとめ方を覚えてもらわないと…
と、思いながら、
次は、どんなふうにしよう…?となぜか、ワクワクo(^-^)oしている母です。



だから…
だれの宿題やねん…


元気!当たり前のことが…

息子のクラスの学級通信に
「当たり前のことが当たり前にできるように…」
という記事が載っていました。

返事、あいさつ、トイレのスリッパを揃えるetc…

毎日言われてる当たり前のことを、言われなくても当たり前にできる6年生になりましょう!

と書いてありました。


これは道場でも、いつも言っていることです。

「心」は難しいことに挑戦することで、強くなるんじゃない。できることの継続、繰り返しで強くなるんだよ…。



大きな声で返事をしたり、あいさつをしたり、スリッパを揃えることなんて、誰にもできるし、簡単なことなのに、こんなことができたからって本当に強くなるのかな?と、最初は思っていました。でも、毎日コツコツ忘れずに続けることが、こんなに難しいとは思いませんでした。
だから、当たり前のことが誰にいわれなくても、当たり前に自然にできるようになった時、ぼくの「心」は強くなると思います。


…学級通信を見たあとの、息子の作文です。


そうだね…

誰でもできることを

誰にもできないくらいやれば…
きっと強くなるね



元気!ノックの主は…?

今朝の朝練の途中…
先に池を一周し終わったたぁちゃんが、そそくさと家の方に戻って行った。

あれ?
まだトレーニングの途中なのに…(・・?)

やっとゴールして、お父さんに尋ねると、
「おなか痛いらしいぞ…」
とのこと…。


しばらくすると、すっきりした顔のたぁちゃんが戻ってきた。


あ~すっきりした


「朝起きて、すぐ行かんかったん?」

「行ったけど、今日はちょっとしか出んかってん!
ウォシュレットもしてみたんやけどなぁ…

いつも刺激を与えてるらしい…


「んで、そのままランニングしてたら、途中で、めっちゃ腹痛なってな…
しばらく我慢して、腰クネクネしながら走ってたんやけど、もぉ…どんどん、どんどんヤバくなってきて…

『早よ出してくれい!
早よ開けてくれい!』って肛門をノックするねん


もぉちょっと待ってくれ!って思いながら走っとったら…、

『早よ開けんかい

って、もっとノックがきつくなって…
焦ったわぁ!マジでやばかったったわ


ものすごくよく分かりました

ノックも治まり、スッキリしたたぁちゃんは、それから、何事もなかったかのように、滞りなく、いつものメニューをこなしました。

めでたし、めでたし…




元気!大将の正体

マルちゃん杯では大活躍だったウチの大将…
取るところで確実に1本を取ってくる頼もしーい大将だった…。


今日から学校は家庭訪問期間で、子供たちは2時下校だった。
3時ごろ、職場の電話が鳴った。

「お母さん、今日のごはん、なにするの?」

「オムライス

「やったぁ

「今、何してるの?
宿題やったん?」

「今、うどん食べてるねん」

「うどん、自分で作ったの

「ううん…参加賞のヤツ

あぁ…
マルちゃんのな…

「早よ、宿題して、お風呂掃除しといてな…」

「わかった!バイバイ


しばらくして…
また電話が鳴った。


「お母さん、オムライスな…トロトロのふわふわ卵のやつにしてな
ほんで、デミグラスソースかけてなッ!なッ!」


あの…
仕事中なんですけど…


小学生やもんなぁ…

こんなもんだよね…

試合の時には、思わず、
「惚れてまうやろ~
って思うくらいかっこよかったけど。


まっ、こういうトコもないと、もたんわな…



元気!ココロをつなげ!

道場のホワイトボードに大きく書かれた文字…

 『打倒!○○○

稽古の前に組む円陣…
キャプテンが毎回のように言っていた。
「○○○に勝つことをイメージして、練習しよう!
集中しろよ

おぉ


そして迎えた
第14回マルちゃん杯近畿少年柔道大会 

1回戦 5ー0
2回戦 ①ー1(代表戦)
3回戦 4ー0
4回戦 ①ー1(代表戦)
5回戦 ①ー1(代表戦)
準決勝 2ー0
決勝  1ー4

結果は…
なんと準優勝(126チーム出場)


キセキだった
ミラクルだった

子供たちのパワーに計り知れないものを感じた1日だった…


2回戦…
相手は昨年近畿を制覇し、全国大会でも2位に輝いたチーム○○○。

「あいつらは確かに強い!でも同じ小学生やん。全く歯が立たないわけじゃない。勝てない相手じゃないよ
試合前、子供たちにそう話した。

先鋒、次鋒、中堅が引き分けた。
とても互角とはいえない。押しまくられていたが、とにかく必死で凌いで次へとつないだ。

副将戦。
なんとか凌いでいたが、ついに抑え込まれ、1本負け。
あとがなくなった…

勝つためには、大将が1本取り返し、代表戦に持ち込むしかなかった。

「大丈夫!」
キャプテンはコクリとうなずいて試合場へ…

開始3秒だった。
自分より20㎏は重い相手が宙に舞う…

会心の背負い投げで1本

おぉ

対に持ち込んだ!

そのまま代表戦になった。相手はさっき副将で1本をとった選手。昨年の全国大会も経験しているなかなかの試合巧者だ。

ガンガン攻めまくる。
ポイントはなかったものの手応えはあった…。
「判定!」
審判の手が挙がるまでの時間がとても長く感じた。

「勝った


膝がガクガク震えた…


それからの子供たちは、
ミラクルパワーが炸裂
ぐんぐんと波に乗り、気が付けば準優勝
東京行きを決めていた。

県内でベスト8がやっとのチームだった。
今年のグランプリでは、ベスト8にも残れなかった…。

みんなが同じ意識で…。

弱気な言葉は一切口にしない。

それぞれが自分の役割を考える。

ココロをつなげ!


今日の勝因はチームワークだった。

失点をとにかく1までに抑え、大将までつなぐ。
大将は確実に1本を取ってきた。そして、自らが代表戦で、勝利を手繰り寄せる…。
「絶対取ってくる
「絶対取ってくれる

「まかせた!」
「まかせろ!」

そんな信頼関係が勝利へと導いた…

さてさて
全国大会ではどんなミラクルを見せてくれるのか…?

目標必達
に乗れ!


みんな…
感動をありがとう。
そして、おめでとう…

元気!口という字に…

今週は深イイ話が続いてます。
もう1つ…
私の心の引き出しにしまってあるイイ話…。


今日は接骨院に来る患者さんから聞いたお話。


「目」は2つあるから…
良いことも悪いことも、
「見える」。

「耳」は2つあるから…
良いことも悪いことも、
「聞こえる」。

「手」は2つあるから…
良いことも悪いことも、
「掴める」。

「足」は2つあるから…
良い方にも悪い方にも、
「進める」。


でも、口って1つしかないよね…


なんで?

どうして?


口からは良い言葉だけを出せばいいから…。


プラス(+)の言葉を口から出すと…
『叶う』っていう字になるでしょ?

でも、マイナス(-)も一緒に出してしまうと…
『吐く』になっちゃう。


弱音(マイナスの言葉)を
吐くと、叶うものも叶わなくなっちゃうんだよ…。


なるほど

弱音を吐かなければ、夢は叶う!ってことか


マイナスのことを思ったり考えたりするのはしょうがない…。
でも口に出して言ったらダメなんだよ…。
一度発してしまった言葉は消せないからね…。


そう考えると、言葉を口にするのって、自分が考えている以上に重要な意味があるんだなぁ…。

言葉は自分の「心」そのものなんだね…


有言実行
ビッグマウスになろう!


元気!6年生はつらいぜ!

4月から登校班の班長になったたぁちゃん。

今年は近年になく、1年生が多く、うちの班にも5人の1年生が入学しました。

この辺りでは、幼稚園の年長さんになると、通学の予行練習で、行きだけ徒歩通園になります。
だから、さらに2人が追加され、合計7名の新入生を迎えました。


ちなみに6年生はたぁちゃん1人…。


「おーい!並べよ

「どこに並ぶか分からんもん…

「昨日、教えたやん!」

ゆっくり歩いても、振り向くと…

トボトボ、とぼとぼ…

「ついてきてないやん


その後ろには、抜かそうにも抜かせない上級生が団子になって詰まってるし…

「足痛い」って泣くし…


ふぅ…
泣きたいのはどっちやねん


「かわいいのは、でっかいランドセルと、ぶかぶかの制服だけや


毎日、ボヤッキーになっています。



ちなみに、私、このたび、子供会の会長に就任いたしました。

これも、6年生が1人しかいないサガでして…
小学校に入学した時から、確約されていました。

子供会々長って、ただ子供会を仕切るだけじゃなく、自治会に顔出し、街づくり協議会に参加し、婦人会に挨拶に行き…
もれなくいっぱい付き合いが付いてくるんだね…


知らなかったわぁぁぁ


まったく…
6年生って大変だぜ!!


でも、やるからには、
村の長老の話に耳を傾け、近所のおばちゃんにいろいろと学び、ママトモや子供たちとつながって、楽しく1年を過ごそうと心に決めました。


晴るぞぉぉぉ



元気!ラクにいこうぜ!

今日、ラジオでいい話を聞きました。

人は悲しい時、なんて泣きますか?

しくしく(T_T)→4949
4×9(しく)は?
…36ですね。


では、人は楽しい時、なんて笑いますか?

ははは(^O^)→88です。
8×8(はは)は?
…64ですね。


ふたつの数字を足したら、いくつになりますか?

「100です

つまり、人生は泣いちゃうこと36%、笑っちゃうほど楽しいことが64%なんです。

泣くときもある。
でも、人生楽しいことのほうが、多く起こるようにできてるんだって…。

天気も同じだよね…。

雨が降り続いても、地球が始まってから、止まなかった雨なんてないですよね…しかも、雨の日のほうが少ない。
雨の日よりも、晴れの日のほうが圧倒的に多い…。

人生をそんなふうに考えると、なんだか心が楽になりますね…
笑っちゃうほど楽しいことのほうが多いのが人生なんだから…

ラクにいこうぜ



元気!大丈夫(^^)v

ピンチなときや不安なとき「大丈夫!大丈夫!」って言ってると、不思議となんとかなることってありませんか?

でも、どうして「大丈夫」って言葉には、そんな力があるのかな…?


そこで、毎度お馴染みの…「漢字の本」登場


「大丈夫」という文字をよーく見てください。

気付きませんか?
それぞれの文字に共通するものに…。

「大」 「丈」 「夫」

「大」 「丈」 「夫」

「大」 「丈」 「夫」

わかった??

そう

    『人』

『大丈夫』の3文字には、それぞれ『人』という字が入っています。

あなたに何かあったとき、周りの人は必ずあなたを支えてくれます。
何があっても、あなたを支えてくれる人が3人はいるってことです。
どんなときでも、あなたの味方は3人います。


だから「大丈夫(^^)v」


生きていれば春がくる…

そういえば、「春」も同じだね…

「お日さまのもとで三人いっしょ」と書いて『春』

3人の味方があなたを待ってる…ってこと。

どんなにつらくても、
春は必ずやってくる。

だから…
大丈夫(^^)v


元気になった


元気!がまん、がまん!

道場での稽古中…
たぁちゃんが私に目で合図した…
ツンツンと指差しながら、あちゃーッって顔をしている。

(・・?)??・・・・

たぁちゃんの指の先に見えたもの・・・・

それは…

『コーラ☆』だった…


お迎えに来たママさんのカバンから、ひょっこり顔を出したペットボトルを目ざとく見つけたらしい…


稽古も終盤…
1番しんどくて疲れもピークになる時間帯…

確かに、今、炭酸グビグビいったら美味いよな…


じーッ( -_-)


そんなたぁちゃんの刺さるような視線に気付いたママさん…。

「あっそうか…ごめんなぁ…たぁちゃん!炭酸断ちしとったんやなぁ

バツの悪そうなママさんにお父さんがフォロー?を入れた。

「いやいや…大丈夫。
あのコーラを見て、くそーッと思いながら、逆境に耐えてこそ、心は強くなるんや…」


炭酸をやめてからのたぁちゃん…

「優勝して、祝勝会で焼き肉を食べながら、プシュッとサイダーを開ける瞬間」をイメージして稽古に励んでいるそうです。

イメージするのは、優勝の瞬間ではなく、その先なのね…


そして、稽古がつらい時、苦しい時、気持ちを切り替えるための我が家の合言葉…

『サイダー


絶対においしいサイダー飲もうぜ


お母さんも試合の1週間前からビール断ちをすることにします…。




元気!根性なし?

炭酸ジュースが大好きなたぁちゃんとお父さん…

我が家の冷蔵庫には必ず、コーラやサイダー、ファンタetc…
炭酸ジュースが入っていた。

「いた?」

うん。過去形…


半月ほど前のこと…

たぁちゃんが
「おれ、炭酸やめる
と、言い出した。
炭酸飲料は砂糖のかたまりで糖分の摂り過ぎになる…と聞いてきたらしい。


「とりあえず、県大会が終わるまでやめとく
と、宣言した。


それを聞いたお父さん。

「じゃあ、俺もやめるわ!」

もともと、減量しようと思っていたこともあり、そういうことならと、願掛けの意味も含めて、2人は炭酸断ちを始めた。


「お母さんは?」


えっ?私?


私はもともと炭酸ジュースが嫌いで、ジュースはまず飲まない。
でも…ビールは別。
これは、ないと生きていけない…。


「炭酸やめる!って言ったら、ビール飲まれへんようになるから、約束はできへんな…」
と、笑ってごまかした。


それから、かれこれ半月が過ぎ…


「意外と止めれるもんやなぁ…」
ゴミの分別を手伝いながらたぁちゃんが言った。

確かに、最近、ペットボトルの数がめちゃくちゃ減っている。


「それに引きかえ、あき缶は全然減らんなぁ…」

チラッ

私のことっスか?


「お母さん!根性なしやなぁ…」


( ̄□ ̄;)!!


「お父さんは去年、タバコもやめたし、今年はオレと炭酸もやめてるし…
お母さん、何もやめてないやん!痩せるって言っても全然痩せへんし…」


もぉ…ボロカスやん
痩せてないのは事実だけど…

でもね…
根性なしって言われても…私、もともとタバコもジュースも飲んでないねんで…

こーなったら、絶対痩せるしかないやん

お母さんの底力見せたるわ


元気!花の女子大生☆

道場の教え子が、この春から大学生になりました。

花の女子大生です。

中学校で日本一になり、
高校は全国でも屈指の強豪校に進み、3年間、寮生活をしていました。

今は自宅に戻り、大学には自宅から通っています。

高校を卒業してからは、毎日のように道場の稽古に顔を出し、子供たちの相手をしてくれています。


昨日も大学の授業を終え、道場に直行してくれました。

ふと…

「なぁ…大学行く時って、どんな格好して行ってるの?」


「へへへ…ジャージです

えー―――っ


「おまえ、一応女子大生やで!」

「体育大じゃないんやろ?」

「電車通学やろ?」


「若いのに…


これには稽古を見に来てたお母さんたちも少々呆れ顔…(^o^;

でも確かに彼女のジャージと道着以外の姿は見たことがない…


「今が1番いい時なんだから、おしゃれもしろよ


そういいながら、ふと…
女子大生だった、うん10年前を思い出した…



ジャージだった…



でもね…
一応言っとくよ!

私は体育学部しかない、
正真正銘の体育大学生。
しかも、寮生だったの!
通学は寮から学校までの、チャリ通学…。
朝練に始まり稽古で終わる毎日で、授業の半分は体育したがって…
全校生徒の私服はほぼ…

  『ジャージ

柔道部とはいえ、関西では指折りの一流大学で、しかも電車通学の「ヤツ」とは、訳がちがう…


と、いうことにしておこう…



元気!笑顔で…

朝のランニング…
毎日、近所の池の周りを息子と反対回りに走ります。(お母さんといっしょだとペースが遅れるらしい)

大体、真ん中くらいの所で息子とすれ違うのですが、今日はいつもと様子が違っいます。


・・・・(・・?)


笑顔です

ニコニコの笑顔で走っています。


いつもなら、寝起きが悪くて膨れっ面か、はたまた、ブルーリボン賞ものの泣き顔で走ってるのに、今日は爽やかな笑顔です。

「お母さん、頑張れぇ~」

声まで掛けてもらいました。


その後のダッシュも笑顔。

変にペース配分なんかせず、初めから笑顔でとばしてます。
いつもなら、きつくて泣きそうになるラスト30秒も、満面の笑顔で走りきりました。


終わってみれば、新記録達成

1年近く続けてるのに、なかなかクリアできない壁をなんなく乗り越えました。


いったい、どうしたの?


ふと、昨日見たテレビを思い出しました。


なるほど


「子供が速く走れるようになる魔法の一言…」


『笑顔で…


速く走らなきゃと思えば思うほど、顔がこわばり、力が入って、歩幅が狭くなるそうです。

逆に笑顔で走ると、リラックスして、自然と歩幅が広くなり…結果、タイムが上がるんだそうです。


どうやら、これを実践したようですね…


だけど、これって、走りだけじゃなく、何にでもいえることですよね…


辛いときこそ、笑顔で…


さて、今日も1日笑顔で、頑張ろう!(顔晴ろう)

元気!校長先生

今日は始業式…
いよいよたぁちゃんも6年生です。
クラス替えもあり、担任の先生もかわりました。

今年は校長先生も替わりました。

となりの小学校から転任された先生だそうです。


「新しい校長先生、どうやった?」


「うーん…
めっちゃいい感じ
もじもじしてないし、元気もよくて、堂々としてるし、シャキッとしてて厳しそうやけど、「悪いことは悪い」って、はっきり注意してくれそうやし…。
ええわぁ…当たり
大当たりや

と、大絶賛


おいおい…(^o^;
君は教育評論家か…


そりゃ、校長先生やもん。モジモジはないやろ?


それにしても初対面で、
ここまで感じるなんて、
洞察力がすごいというか、単純というか…


挙げ句の果てには、
「校長先生ゼッコーチョー」なんて、しょーもないダジャレまで飛び出していた…

さてさて…
元気モン揃いで、何かと問題の多いこの学年…
どうなりますことやら…


校長先生、ビシッとシャキッとよろしくお願いしますm(__)m


元気!淡路島が…

高速道路の料金が1000円になってから、淡路島や四国を訪れる人が増えているそうです。


今まで、高速道路+2つの橋の通行料が必要だったため、讃岐うどんに興味があっても、躊躇する人が多かったけど、往復2000円で行けるなら…と四国まで渡る人が増えているようです。

遠出するにはガソリン代も宿泊費もかかるけど、淡路島や四国くらいなら、日帰りできるし、距離もしれてるので、関西圏からならお手頃な旅行が楽しめる…というわけです。

淡路島でも、特産品の玉ねぎや牛乳を無料配布したり…
いろいろとイベントが行われているようです。


先日、淡路島を訪れたという患者さんの言葉です…


「そりゃ、もう、今までにない人の多さやったで
このままでは、淡路島が沈んでまうわ…」


淡路島が沈んでまう…



ものすごーく分かりやすい表現で…
ありがとうごさいます



元気!ただいま練習中♪

「ホーホケキョ♪」

洗濯物を干していると、
のように木が繁るお向かいのおうちから、うぐいすの鳴き声が聞こえてきた。


おぉ!春だね…


なんとなく、ほのぼのした気持ちになって、耳をすましていると…


「ホーホヘホへ♭」

「ホーホケホ…♯」

・・・・・・(・・?)

あれ??
へたくそやな…


すると、また…

「ホーホケキョ♪♪」


おぉ!うまくいった…


また次の日…


「ホーホケ
「ホーホケ

どうやら、ただいま練習中のうぐいすがいるらしい…

何回か失敗を繰り返し、
最後に…
「ホーホケキョ♪」
って聞こえた


おぉ!


このうぐいすの応援をしたくなった。


そして数日後…


「ホーホケキョ♪」
「ホーホケキョ♪」

何回聞いても、すっかりうぐいすの鳴き声になっていた。


「おめでとう
卒業証書をあげたくなるような、なんかあったかい気持ちになった…。




元気!旅立ち…

4月1日…
昨日はあちこちで、入社式や入学式が行われたようです。
それに合わせてか…昨日の稽古には何人かのOBが顔を出してくれました。

4月から高校に進学する者…

大学の入学式を終えて来た者…

先日、送別会で送り出したばかりの6年生…

今日顔を出してくれた生徒は、みんなそれぞれ新しい環境でも柔道を続けるそうです。

報告がてら、子供たちに稽古をつけてくれました。

うれしいなぁ…

立派になった教え子たちを目を細めて眺める私…
なんだか、また年を感じてしまいました


その中に1人、この春から東京の国士舘高校に進学する生徒がいました。
ウチの道場の出身ではないのですが、小さい頃から、よく知っていて、稽古等での行き来もあったので、旅立つ前に、時間を作って挨拶に来てくれたそうです。

先日行なわれたジュニアの国際大会にも日本代表で出場し、名門、国士舘高校へ進むとあって、子供たちは興味津々…
目をキラキラさせながら、ジャパン道着を着たお兄ちゃんに群がっていました。

こうやって、頑張って柔道を続けている先輩はやはり子供たちのいいお手本になります。


どんなに疲れていても、
せっかくの休みでも、ちゃんと道着に袖を通し、お世話になった先生や道場に対する感謝の気持ちを忘れない…


そんな気持ちと行動が、彼を強くしたんだな…と感じました。


ところで、将来、自分も強い学校へ進んで、寮生活をしたい…と目論んでいるたぁちゃん。

トップレベルの高校の稽古の様子や選手同士の対戦、寮生活の話など、いろいろ聞かせてもらい、更に夢が膨らんだ様子…。


でも、家に帰って一言…

「しまったぁぁぁぁ!
肝心なこと、聞くの忘れたぁぁーッ!」


なに?


「寮って『納豆』出るかどうか…?」


えっ(・・?)


君はもう少しお子ちゃまのままでいて下さい…



竜昂&忠大




プロフィール

空豆

Author:空豆
女柔道整復師
接骨院院長であり主婦であり
1男の母でもあります。

カテゴリー
ads by Google
最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最近のコメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
最近のトラックバック
★超便利★ブックマーク登録
Yahoo!に追加
Googleに追加
livedoorClipに追加
♥. ♠. ♣Alice
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。