スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元気!キャプテン☆

2月に入ると、新チーム編成での試合が始まります。道場の体制も、今週から新体制に変えることにしました。

新キャプテンは息子。

副キャプテンは新5年生から選びました。
2人はチームのポイントゲッターでもあります。
チームをまとめるのはもちろん、ポイントゲッターとしての責任と自覚を持ってもらいたいと思ったからです。

キャプテン・副キャプテンには、それぞれ同学年のサポートをつけました。
2人が気づかないところへの気配りや、ハリキリBOYの2人が熱くなりすぎた時にブレーキをかけ、チームのフォローをするのが、サポート役の仕事です。


その下では各学年のレギュラー組がそれぞれの学年をまとめます。


新体制での稽古が始まりました。


3歳から道場に通う息子…
歴代のキャプテンをずっと見てきているだけあって、仕事の内容は大体把握しているようです。

号令のほかにも、

「声出していこう!」

「元気出していこう!」

大きな掛け声も出ています。


天性の世話焼きと仕切り屋やな…

(血は争えんわ…)


ほのぼのした気持ちで、眺めていましたが、ふと、あることが気になりました。

ちょっと暴走してる…?


張り切りすぎて、ちょっと突っ走ってる感があるのです。
このテンションについて行けず、戸惑っている子もいます。

道場にはいろんな目的を持った子供たちが集まってきます。
息子たちのように、
「勝つぞぉ!気合いだぁ!」と、熱くるしい猛者ばかりではないんだ…と気づく余裕はないよな… 


全体を見渡して、
「ちょっと突っ走り過ぎてるぞ!後ろがついてきてないぞ!」と、ブレーキかけてフォローしてやるのが、旧キャプテンの仕事だよ…そこは6年生にお願いすることにしました。


息子にも、
「ぐいぐい前に引っ張るだけじゃなく、時にはドーンと構えて、全体を見渡すのもキャプテンの仕事だよ…」
と、話しました。


家に帰ると、トイレの壁に新しい目標が貼ってありました。

「練習で、みんなが100%の力を出し切れるようなチームをつくります。」

「しんどい時もつらい時も率先して声を出し、笑顔でチームを盛り上げます。」


きっと、いいチームになるね…


新体制はまだ始まったばかり…


がんばれ!キャプテン




スポンサーサイト

元気!抜歯工事!

先生がレントゲン写真を見ながら、笑顔でやさしく言いました。

「とても大きな歯だし、かなり歪んで生えてるから、スポッと抜くわけにはいきません。いくつかに割ってから抜きますね


わっ割る(・・?)


私の頭の中では、なぜか…
映画アルマゲドンがぐるぐる回ってた。


それにしても今の歯医者さんってすごいよね。
これでもか!ってくらいに麻酔と気を使ってくれる…。

カルテに書かれた
「痛くないようにして下さい」が効いたかな…


まず、注射をする歯茎に薬を塗ります。ほんのりと痺れがきたら、そこに1本めの大きな注射を打つ。歯のまわり全体が痺れてきたら、今度は局所に3本ほど…

これで準備完了


抜歯工事が始まった!


メスで少し切開して、顔を出してる部分を削ります。

ガガガガガ

ギギギギギ


奥へ奥へと進みます。少し痛みが出てきました。
眉間にシワが1本、2本…

「うーん。麻酔もここまでは効かないか…」


そう言いながら、もう一度下顎の骨近くまで届くよう注射を打ってくれました。


これで、左側の口から顎までは完全麻痺状態…


「さぁ、どんどん進んでいきますよ!」

ガガガガガガ

ギギギギギギギ

シューシューシュー


いろんな機械の音と先生のグゥがあっちから、こっちから、口の中へ…

口を開けたまま、1時間近くが経ったころ…

ガクン

思わず顎が鳴った…

「もう少しです。これから根っこを抜きます。この部分は神経も通ってるから、少し痛いけど、これで終わるから我慢してね!」


「痛い」と聞いて、
今度は私の歴代の痛い思い出が頭の中をぐるぐる…

出産のとき…
骨折したとき…
膝の靭帯が切れたとき…


なんぼなんでも、そこまで痛くはないやろ…


そんなことを考えているうちに、先生のテコが軽く感じ…


無事、抜歯終了


パズルのピースのようになって置かれた歯は5分割…


最後に切開したところを縫合してもらって、処置も完了


2時間後…

麻酔から醒めた時の痛みを想像して、ちょっとビビっていたけど、それがまったくNothingぅ~!


更に…
痛みで食事ができない
     ↓
    痩せる

という私の思惑は、大きく外れ、何を食べるのにも、NO Problem…

それどころか、運動禁止になったので、さらに…


そういうわけで、
結局、今回の格闘で1番痛かったのは…
おなかの上でギュッとハンカチを握りしめてた「手」でした


めでたし、めでたし…。


上手な先生でよかった
ありがとうございましたm(__)m


ちなみに、「親知らず」は痛みや炎症がないうちに抜けば、比較的痛くなく簡単に済むそうです。

みなさーん!
治療はお早めに…

私の親知らず…
あと2本あります……




元気!ちょっと待ってね!

昨日、無事に抜歯終わりました。
抜歯の模様を長編大作としてアップしようと頑張っております

私はいたって元気です

もうちょっとお待ち下さいませませ

元気!恐怖…?

今日は歯医者の日です。

前に割れて、治療中だつた歯は、被せも終わり、無事治療完了 


あとは検診とクリーニングくらいで終わりかな?と、思いきや…
先生が小さな穴を発見


どうもこれが厄介らしい…

反対側の奥歯。

その向こうに親知らずが、ちょこっと顔を出している。
タケノコのように、ほんのちょっと出てるだけなんだけど、生える向きが悪い…

お隣の歯に覆いかぶさるように、乗っかかるように生えてるので、百害あっても一利なし!
お隣さんが、虫歯になるのも時間の問題なので、抜いてしまいましょう…との説明を受けた。


生えきってないうえに、向きも悪いから、先生にとっても抜歯は難関らしく、
「覚悟を決めて来て下さい」と、脅された…


うっそぉ


今、痛くないから、無理に抜かなくても…
今、忙しいねんな…もっとゆっくり休める時に…
(ゆっくりできる日っていつやねん)


いろいろ、言い訳を考えたけど、結局、サッサと予約を入れられ、有無も言わさず、抜歯の日も決められてしまった…


もう逃げられないので、
最後の悪あがきで…
歯医者に勤める友達に頼んで、カルテの端に
「痛くないようお願いします。」と書いてもらった。

さてさて、歯医者の予約時間まであと3時間…


お昼ごはんは、ディナー並みに豪勢にいくとしよう



実は明日のブログネタになりそうかな…と、少しワクワクもしている…?


元気!寒中水泳

週末は寒かったです。
こちらでは普段、ほとんど見ない雪もチラチラしてました。

日曜日は奈良県で柔道の大会があり、子供たちを連れて行ってきました。
そこがとにかく寒かったぁぁ
審判をする手も、監督をする声もぶるぶるガタガタ
久しぶりに「寒い」が「痛い」と感じました。


そして思い出しました。

大学時代の「寒中水泳」


うちの大学は毎年「寒中水泳」で1年が始まります。もちろん柔道部だけ…

学校は山の上にあり、そこから坂を下っていくと、海があります。
道場の窓からはオーシャンビューが広がっています。山あり海ありの漁師町。遊ぶところはなし…
体育大学にはもってこい!トレーニングするには事欠かない…そんな所でした。


さて、寒中水泳の話に戻ります。

朝、7時集合。
まだ辺りは薄暗い…
全員ジャージの下に水着を忍ばせ、ランニング開始。アップも兼ねて、海まで走ります
そう…朝日に向かって

海岸に着くと…

「脱げ

おそるおそる水着に…


ぎゃあぁぁぁぁ


いっ痛い


完全に寒さは通り越し、肌には刺すような痛みが

裸足になると…
今度は足が痛い
夏はアチッアチッですが、
冬は痛ッ痛ッ痛ッ

意を決して海に入ります。

「肩まで浸かれぇ


ひゃぁぁぁぁ

ガタガタガタガタ

舌を噛みそうなくらい歯が勝手にガタガタします。


トレーニング班ごとに分かれ、肩まで浸かったまま手をつなぎます。

「よーし!今年の抱負を言え

そこで…
「○年、○○。今年は○○大会で…」
なんて、細かな抱負なんか語り出したら、先輩の睨みが…ギロ

全員が抱負を言い終わるまで海から上がれないので、「抱負は短く!」が暗黙の了解になっているんです。

だから全員今年の抱負は…

『頑張ります!』
『がんばります!』
『ガンバリマス!』


全員が『頑張ります』をいい終わると…


「よーし、上がれ!」


ここからが地獄です。

濡れた体に突き刺す風。

あちこちが切れるかと思うくらいの痛さです。

タオルで体を拭きます。

感覚が全くありません
タオルが数ミリ体から離れているような…宙に浮いてるような…
妙な感覚でなんとか水気をとり、ガタガタ震えながら、まるで3歳児みたいに何回も失敗しながら、どうにかこうにか着替えます。


最後に焚き火にあたり、御神酒をもらって、解散です。


20年近くも前のことなのになんてリアルな記憶…


ちなみにこの伝統行事、
今もまだ続いてるそうです



元気!ブラックデビル

最近、日の出は7時すぎ…
「寒」に入り朝の冷え込みは一段と厳しくなりました。

毎朝5:45に鳴る目覚まし時計…

その音に合わせて、ブラックデビルは現れます。


寒いぞ!
雨降ってないか?
真っ暗やん!
休め休め


う~ん( ̄~ ̄;)


5分おきに鳴るスヌーズを止め、止め、また止め…


やめとけって!
あと30分寝れるやん!

またもや、ブラックデビルが登場…


しっしっ


耳もとでささやくブラックデビルの囁きを手で追っ払って…


ガバッ


やっとの思いで布団から出る…


毎朝これの繰り返しです…


先日、近畿合宿に参加した時に、講師で来られていた細川先生(ロス五輪金メダリスト・天理大教授)のお話を思い出しました。


先生の今年の目標は、
『自分に負けない』…
50歳にもなると、体がきつくてなぁ…毎朝学生と走るのも、毎日稽古するのも辛いんだよ。
自分は現役の選手でもないし、まっいいか~って毎朝思う…。
でも、ここで考える。
「今日だけ頑張ろう!とりあえず、今日1日だけ起きよう!」
稽古の時も同じ。
自分は試合があるわけじゃないし、やめとこか…。
でも、ここで考える。
「あと1本だけやろう!もう1本やったら終わろう…もう1本だけ…」
そうして、最後までやり遂げる。

みんなも辛い時があると思う…。50歳のおじさんだって同じだよ。
でも「今日だけ」「あと1本だけ」と思って頑張ろう


子供向けで分かりやすく、いいお話でした。


40歳のおばちゃんもいっしょだな


「今日だけ…あと1日だけ…」


そう自分に言い聞かせながら、今日もブラックデビルと闘います…。



元気!おばあちゃんの味☆

昨日のおふくろの味の話から…

「お父さんは、おばあちゃんのごはんで何が好き?」息子がパパに聞いていた。

「そーやなぁ…やっぱり煮しめかな?」


「ふぅん…オレは全部好きやなぁ…!おばあちゃんの料理はなんでもおいしいであれはヤバイわぁ

最近の子は美味しすぎるときにも「ヤバイ」を使うらしい…。


私の仕事の都合で、息子は毎日、学校が終わると、一旦、ばあちゃんちに帰ります。


帰って来ての第一声は
「ただいまぁおばあちゃん、お腹すいたぁ


手を洗い、宿題をしてる間に、おばあちゃんがおやつを作ります。


基本は
おにぎり、ウインナー
たまご焼き、ちくわをカリカリに炒めたの!

「カリカリちくわがまたうまいねん!」


これ、おやつか…?


「あとな、ぜんざいもおいしいし…おでんに、カレーに、うどんうどんのだしはちょっと甘くておいしいねん。
カレーもお母さんのと似てるけど、ちょっとちがうねんなぁ…
あと、ブロッコリーのチーズ焼き!チーズたっぷりで最高やで!」

次から次へと出てきて止まらない様子…


なんだか、ばあちゃんがうらやましくなってきた…。


「でも…パスタはお母さんの方がおいしいで!


ホッ


っていうか、こいつ、フォローうまいな…?


「こないだな、算数の宿題が、分からんくて、おばあちゃん、怒らせてもてん。今日はヤバイなぁ…って思ってたけど、宿題終わったら、おばあちゃんがお肉焼いてくれてんめっちゃおいしかったし、うれしかったわぁ


やさしいおばあちゃんに育ててもらえてよかったね…
感謝しなきゃ…


ちなみに、お母さんとおばあちゃんのごはんの決定的な違いは、「お母さんのごはんには魚が出ること」だそう…。

あのなぁ…

お母さんのは、「ごはん
ばあちゃんのは「おやつ」

栄養のバランス考えたら、晩ごはんには魚も野菜も出しまっせ



おばあちゃん、これからもよろしくお願いします



元気!おふくろの味?

お正月、実家に帰った時、たぁちゃんが岐阜ばあちゃんに聞かれました。


「お母さんの料理で何が好き?ベスト3は?」


たぁちゃんが選ぶお母さんの料理ベスト3

1位:ちゃんこ鍋

2位:お好み焼き

3位:豚のしょうが焼き


「あんまり、手のかからんもんばっかりやな…」
ばあちゃんにポツリと言われた…


「私の料理は早い!美味い!がテーマやねん

「でもおいしいで!」

たぁちゃんがフォロー入れてくれました。

ナイス


昨日は「肉豆腐して!」
息子からのリクエスト…

野菜を多めに入れて、すき焼き風煮にしました。


「うまいめっちゃ美味いわぁぁ


息子が大絶賛☆


「やっぱり、この前言ったベスト3、変えるわ

1位:ちゃんこ鍋
2位:お好み焼き
3位:肉豆腐


・・・・・・・(^o^;

母、ちょっと複雑…


実は昨日はバタバタしてたので「エバラさん」の力を借りました…


これを母の味ベスト3!と言われましても…


素直に喜べない母でした…

元気!カルピス☆

日曜日…

私が携帯と格闘してた頃…


ぎょえぇぇぇぇぇ


突然、息子が騒ぎ出した!

何ごと?


「これ、めっちゃ濃い


えへ えへ えへ

咳き込みながら、言った。

どうやら、マクドの飲み終わったジュースのコップにカルピスを入れて飲もうとしていたらしい…


「濃いって、どれくらい入れたん?」

紙コップをのぞいてみると、トロ~んとした白い液体が並々と…


もしかして・・・(・・?)

「たぁちゃん、これ、水入れた?」


「ううん…」


原液??


「そりゃあかんわ!薄めて飲むの知らんかったん?」

「うん…」


まっ確かに、敢えて教えたことはないけど、まさか知らんかったとは…


なんでもできるしっかり者だと思ってたけど、まだまだかわいいじゃん


それから、ペットボトル1本分のカルピスウォーターと、炭酸水で、カルピスソーダを作って、みんなで飲みました。


そういえば、昔、カルピスって、飲み終わったあと、口ににゅるっとしたモン残らんかった?
それが嫌いだったけど、最近のカルピスって、それがないねん!…
改良されたんかな?
気のせい?



元気!事件です!

それは、久しぶりにゆっくり出来そうな日曜日の朝に起こりました…


年度末が近づき、役員選出や引き継ぎなどで、新しく登録したメルアドや電話番号を整理しようと携帯をいじくっていました。


この人とこの人はまとめて1グループにしよう…

この人はこっちに入れた方が使いやすいかな…

いろいろ考えて、グループ分けをしました。


そうこうしてるうちに、削除した方がいいグループも出てきました。


これはダブってるから、このグループは削除しよう!
「電話帳削除」に合わせました。

一件削除
選択削除
全削除

項目が3つ出てきました。

一件ずつするのも面倒くさいし、このグループ全部を削除したいから「全削除」を選びました。

ポチ!

「暗証番号を入れて下さい」

自分の携帯の電話帳を整理するだけなのに、えらい厳重やな…?


**** ポチ!


本当に削除してよろしいですか?

「本当に…?」

そう言われると…??

ちょっとビビって、もう一度操作をやり直す…


2,3回繰り返したけど、
やっぱりこれでいいみたい…

よし!「全削除」 ポチ


「本当に削除してよろしいですか?」


うん! ポチ
決定ボタンを押しました。

パッ


開いていたページのデータは全部削除されました。

よし! うまくいった

さて、次はどのページを整理しようかな?


他のグループを出すけど、グループ名しか出てこない…

次のグループも
また次のグループも…
そのまた次のグループも…


・・・・・・・??


うっそぉ


全部消えちゃった…


え"ーっ
「全削除」ってその全削除


電話帳も真っ白になったけど、私の頭の中も真っ白になった…


ちなみに私の携帯にはSDカードが入ってない…。


万事休した。


ゆっくりできるはずたった日曜日の午後は、ただひたすら携帯とにらめっこ…


受信メールから…
送信メールから…
電話履歴から…
過去の携帯から…

現在も電話帳作りは継続中です…


あぁ

リセットしたい



元気!14年…

14年ですね…


14年ですか…


早いものですね…


何年めだっけ?
忘れそうになっても、この時期になるとみんなが教えてくれます。


結婚してから
今年で14年になります…


14年前の1月16日
私は神戸市内のあるホテルにいました。
主人と3月におこなわれる結婚式の打ち合わせをするためです。
担当者から招待状を受け取って、家に帰りました。


次の朝…
神戸の街を大地震が襲いました。
ホテルは倒壊し、交通は遮断され…
結婚式は中止になりました。

それから半年…
街がようやく復興に向けての第一歩を踏み出した頃、いろんな人に支えられて、無事、式を挙げました。 

そして14年…

家族は3人になりました。

まあまあ幸せです…。


先日、夫婦がずっと笑い合える秘訣を教えてもらいました。

それはお互いに許し合うことです。

相手を変えようとせず、そのままの相手を分かろうとすることです。

相手のありのままの
「心を受け入れる」て書いて『愛』…

相手のあるがままを、まるごと受けとめる。
変えることより、受け入れることを学ぶのが結婚なんだそうです。


うーん…
できてるような、できてないような…


あとはやはり「感謝の心」
ですね…。

「ありがとう」
「ごめんね」
「おいしかったよ」
「助かったわぁ」

ちゃんと言葉で伝えてますか?


(お耳が痛いわぁ…)
心の中で言ってるだけじゃダメなんだね…


元気!がんばれ♪

今、はまってる本。


『漢字幸せ読本』


心を受け入れるで…「愛」

長所に成ると書いて「成長」

相手の心を思ってこそ「想」

光の言葉と書いて「誉める」


漢字を由来にとらわれることなく、まったく自由に解釈、解析し、そこから、幸せに生きる法則を見いだす本です。


この字って、この言葉って、実はこんな意味があって作られたんじゃないの?って思うほど、プラスの解釈にあふれ、幸せな気持ちになれます。


この中で、私が気に入っている「字」を紹介します。 

がんばれ!=『顔晴れ!』

お日さまが照ってるときみたいな晴れ晴れした顔(笑顔)でガンバレ!って意味。

笑顔って、生きることの原点だなぁ…って感じます。

笑っていたら、不思議なくらい逆境も楽しくなりますね…。
つらいときほど笑おう!

  『顔晴れ!』


考え方ひとつで漢字から幸せを学べるなんて素敵ですね…。










元気!講話

合宿レポートの最後は…
ためになる空豆センセの講話☆


合宿中、各府県の指導者の中から1人ずつ講師を選出し、講話をしました。
現地に着いてから急きょ依頼され、戸惑いましたが、普段、子供たちに話してることでいいよ…とのことだったので、引き受けることにしました。

勉強についての話をしたのですが、子供たちは熱心に耳を傾けてくれ、「先生の話、よかったよ!」と言ってくれたので、みなさんにも…


柔道が強くなるためには、勉強もしないといけません。とくに国語…
国語力がつくと、先生の言っていることが分かりやすくなるからです。
例えば、技の説明。先生が教えてくれる話を聞いて、すぐに理解できたり、イメージできる人は、すぐに行動に移せるので、あとは何回も繰り返して技を修得すればいい。でも先生の言ってることがなかなか理解できない人は、どうしても覚えるのに時間がかかる。そこで、できる人とできない人の差が出てしまいます。

国語力を身につけるには、本を読むのが一番いい。
まず、読書の習慣をつけましょう。本を読んだら、簡単でいいから感想文を書いておくといいよ!この本の内容・自分の思ったこと、感じたことを書いておく…これを繰り返すことによって、心の整理ができるようになります。
心の整理ができれば、自分を分析できるようになる。例えば、試合や練習を振り返って、どこがよくて、どこが悪かったか…何を感じたか?そして次の課題は何なのか…?課題が分かり、課題を決めて稽古する方が効率よく稽古できるよね…

だから、読書をすること。そして、それをコツコツ続けることが大切です。
コツコツ続けること…。
実はこれがとても難しい。当たり前のことが当たり前にできるようになる…。これが今度は「心を強くする」ということにつながります。
「心」というのは、難しいことに挑戦することではなく、「できること」の継続で強くなります。当たり前のことが当たり前にできるようになること…それが大切です。
返事・挨拶・スリッパを揃える…など、いつでも、どこでも、どんな時でも、当たり前に自然にできるようになったら、君たちの心はきっと強くなります。

読書をすること。
当たり前のことが当たり前にできるようになること。

ちょっと頑張ってみて下さい。

先生は柔道の神様はいると思っています。みんながコツコツ続ける姿をきっと見ていると思います。
がんばりましょう…。



ご静聴ありがとうございました




元気!合宿のお楽しみ♪

今日も合宿レポートです!


稽古の時間は厳しい!

でも合宿中でしか経験できないお楽しみ☆…

それが宿舎での時間です。

今回は各県学年男女別の4人部屋で2県ずつが同じフロアでした。


同県といっても、普段はチームも学校も違う4人です。いっしょに寝たり、お風呂に入ったりしながら、それぞれの練習や学校の話で盛り上がったようです。


2日めは稽古中に仲良くなった他県の友達と約束して、違う部屋やフロアに遊びに行っていろんな話をして楽しんできたようです。


試合となれば、敵同士ですが、ここはやはり、同じ志や目標をもった仲間…すぐに打ち解けあって仲良くなっていました。
お互い励まし合い切磋琢磨できる友達やライバルが、この年齢からいる…って、とてもありがたいことですね…。
それも、この合宿に参加して得た大きな収穫だったと思います。


最終日、部屋の片付けを手伝いにいくと、コップにお菓子の袋…それにカップラーメンのゴミがたくさん出てきました。

「このゴミは何なん?」と聞くと…

「先生らも懇親会してたやろ?だからオレらも宴会してん

「宴会?で、何飲んだん?」

「ポカリ

(大塚製薬がスポンサーで大量にもらったもんな)

みんなでコンビニに買い出しに行き、いろんな県の友達とワイワイやったそうです。

普段、あまりコンビニなんか行かないのに、なぜか合宿中ってコンビニに行っちゃうんだよね…

これもまた楽し…

修学旅行や自然学校だけではなかなかできない経験だね…


合宿の最後に書いた感想文に息子がこんなことを書いていました。


ぼくは、この合宿で大切にしよう!と思ったことが2つあります。
1つは「感謝の心」
柔道は1人ではできません。試合も練習も相手がいないとできない。先生がいないと強くなれない。親がいないと合宿のお金もないし、ここまで連れてきてもらえない。
だから「感謝の心」は忘れてはいけないと思いました。

もう1つは「友達」
今まで顔や名前しか知らない人とも友達になれました。試合の時は敵だけど、終わればみんないっょにがんばる仲間です。
合宿に参加させてもらってありがとうございました。


合宿中、生意気なことも言われたけど、この感想文で「チャラ」かな…

また少し大きくなったね…



元気!合宿レポート☆

昨日、近畿合宿から無事に帰ってきました。

感想を一言で言うと…


「寒かったぁ
「寂しかったぁ


会場は大阪体育大学。

この辺りは泉州でも特に寒い地域なんだって。
しかも大学って、大体、山の上や田舎にあるでしょ…雪は降るわ、風は吹き荒れるわ…
とにかく「寒かったぁ


稽古の内容は、講師の先生の講話に始まり、技の説明・選手同士の乱取やもと立ち稽古…
朝トレもあるし、夜は講習会…
さすが強化合宿!
なかなか内容も濃く、意識の高い選手の集まりだけあって、稽古の雰囲気や取り組みが引き締まっていた。
普段の稽古とは違った緊張感が少し心地よく感じた…


それにしてもびっくりしたのが、よその子供たちのデカイこと
それに食事の量も、半端じゃない

この辺りじゃ、大きい!と言われる息子も、
「小柄やな!」「少食やな…」と言われていた…。

うひゃあぁぁぁ

やっぱり合宿ともなれば、肉一切れでごはん1杯食べるくらいの勢いが必要だな
うちはまだまだ甘い…


宿舎は男子は3階、女子のコーチの私は6階…


1日めは内線電話での呼び出しはなく、就寝前の見回りで顔を合わせた。
4人部屋で、他の子は、それなりにきちんと荷物がまとまっている。私が見回りに来たのを待ってました!とばかりに荷物整理を手伝わされた…
(うぅ甘いなぁ)


2日め
内線電話が鳴った…。
友達が足を痛めたので診てほしいとのこと。
救急箱を持って訪ねると、またもや荷物が気になる…「おいおい
自分にも突っ込みながら、また片付けを手伝ってしまった…
(うぅ…甘々!)


最終日
朝から内線が鳴り、「今日は何を着るの?朝練何時から?」と聞かれた。
「予定表を見なさい!」と言いつつ、また部屋をのぞきに…
昨日の夜、宴会?をしたとのことで、部屋がえらいことになってたので、みんなで片付け、最後の荷造りを完了させてしまった
(甘すぎるぅぅ)


稽古中…
私生活では女子の担当だけど、稽古中は、それぞれの所属の選手をみることになっていたので、男子重量級ゾーンで息子にアドバイスをしたら、迷惑そうに
「女子のコーチやねんから、女子の方におらなあかんのんちゃうん?」
と、言いやがった

後で
「あんまり声かけんといて!恥ずかしいやん!」
とも言われた…。


がーん( ̄□ ̄;)!!


ふん!なんやねん


それからは家政婦は見た状態で女子の方からチラチラ見たわッ寂しい…



親も子もいろいろいい体験ができた2泊3日の強化合宿。

息子もライバル達と3日間、寝食をともにしたことで、ちょっぴり大人にグレードアップしたようです。

さてさて
親離れVS子離れは…
今回は僅差で親離れの判定勝ちかな?

なかなか子離れできそうもないです



元気!合宿準備☆

今、私…

テンパってます…

パニクってます…

舞い上がってます…


明日から2泊3日で、近畿地区の強化合宿に息子と参加することになりました。


学生時代はたびたび、合宿や遠征があり、準備にも慣れてるはずなのに、15年のブランクは大きいのか、妙にソワソワバタバタ 落ち着いて準備ができません。


道場でも合宿や遠征はありますが、親が指導者である息子は、常に両親がいっしょなので、荷造りはすべて私まかせ…。

今回は選手とコーチの立場で、しかも、私は女子の担当なので、荷物は別々…。部屋も別々…。


親子離れての合宿は親にとっても子にとっても初めての経験になります。


「1人で寝れるん?」

「朝練は何着るか分かるん?」

「荷物、ちゃんと詰めれるん?」


「大丈夫やわ1人でできるわ!」


息子も、自分1人でやってみたい!という期待もある反面、ちゃんとできるか不安も少々らしい…


結局、衣類は袋分けして、
「1日め 朝練用」

「2日め 移動する時」

「寝る時」

「お風呂セット」etc…

全部書いてやりました。


なんせ自然学校で、帰りの荷造りがうまくできず、入り切らなかった汚れものを袋に入れてサンタクロースのように担いで帰ってきたたぁちゃんです。

チームメイトもいることだし、これだけしとけば大丈夫かな?


でも後でこっそり…
「どうしてもできんかったら、お母さんの部屋に行っていい?」って言いにきました。


「はいはい…


いきなり1人立ちされても寂しい母…
どうぞ、どうぞ…


さてさて、うまく子離れ、親離れできるのか…?


頑張ってきます



元気!冬だから?

実家に帰って、姪たちとお風呂に入った時のお話…。

小2の妹が言いました。

「たぁちゃんママのお腹って2段腹?」


おいおい…(;^_^A


「ちがうよ!これは3段腹だよ!」

小4の姉が追い打ちをかけやがった…


いっしょに身体を洗ってたら、またまた妹の方が…


「えーっ!たぁちゃんママ、なんで足に毛があるのぉぉぉぉ


えっ?


「・・・・・冬だから…」


「でも、うちのお母さんには生えてないよ!」


「あぁ、あれは永久脱毛してるからだよ…」

シビアに姉が答えていた…


女の子って、なんだかすごい


お風呂から上がって、妹に「あんたんちの子に失礼なこと言われたよ!」
と、グチると…


「もぉ!人の顔と身体のことは言っちゃダメ!って、言ってるでしょ
どうしようもないんだから


・・・・・・・(-ロ-;)



どうにかします…


元気!我が家のおでん☆

12月20日頃だったかな? おでんを作りました。

寒い時期だし、一品あると助かるので、具をたし、おだしをたし…また具を足し…を繰り返して、今日もまだコンロの上に乗っかってます

年越しおでんです。


うちのおでんには、やたらと肉類が入ってるので、いいだしなのか灰汁なのか…おだしの色が真っ黒けになってきました…。


大根は奈良漬けみたいな色になってるし、じゃがいもも皮剥く前みたいな色になってます。玉子なんてピータンみたいです


でも、これがまた旨い

ごはんに合わない…って、今まであまり食べなかったパパが大絶賛し、毎日せっせと、自分で具をたしてます


さてさて、我が家のおでん。いつまで続くかな…?



元気!三人姉妹の力☆

このお正月、久しぶりに、我が家の三人姉妹が揃いました。

実家で親と同居してる三女と東京に住む次女…。
そして私…。昔はちょいと名の知れた柔道三姉妹でした。


去年の息子の試合のDVDを見て、みんなの血が騒ぎ出し、柔道の話に火が点きました

こうなると、もうどうにも止まりません…
道着をひっぱり出し、あぁでもない、こぅでもない…

「たぁちゃんを強くする大作戦」の監督・コーチ会議が始まりました。


背負い投げの次女。

内股の三女。

なんかよく分からんなりに頑張った長女。

そこに寝技の妹婿が加わり…

深夜遅くまで、最強の作戦会議は続きました。


次の日…
何も知らずに起きてきた息子に早速、道着を着せ、それぞれの伝家の宝刀が息子に伝授されました。
これを持ち帰り、実践させるのが私の仕事です。


最後に総まとめの課題を、三姉妹の師匠、「じいちゃん」から出され、昨日帰ってきました。


現役時代はお互いがライバルで、ろくに口も聞かなかった三姉妹が、時が経ち、それぞれが母になり、お互いの良いところを素直に認め合えるようになりました。
「やっぱ、餅は餅屋だねぇ…」と笑いながら、得意技を教え合える三姉妹の力はきっと最強でしょう… 

そして、それをそっくりそのまま伝授できる息子も幸せ者です…。


みんなをつなげてくれる絆・「柔道」にまた感謝です。


今日は初稽古…。
強くなってもらわなきゃ



元気!おみくじ

昨日から実家に帰ってきています。
今日、みんなで初詣に行きました。
たぁちゃんと、必勝祈願をして、お守りを買って、おみくじを引きました。
今年は「大吉」でしたが、ふと、昔、「凶」を引いた時のことを思い出しました。
いっしょにいたばあちゃんが言ったひとこと…。


「凶の中にある[メ]が升から出たがってる…。メが出たがる…つまり、凶はめでたいってことだよ」 

強引すぎるやろ…(;^_^A


でも最近、そうでもないかな…?って思うようになりました。


よくテレビに出てる成功者に「人生が変わったきっかけは?」と聞くと、病気だったり、失業だったり、いわゆる[凶]であることがきっかけになってる人が多いんですよね…。


やっぱり、「凶」から芽(メ)が出てる…


ピンチはチャンス

今年も…
ピンチピンチ♪チャンス、チャンス♪らんらんらん♪でいきましょう


元気!「トイレ掃除と全国制覇」

今年、年男の息子。

町の有線放送の新春特番で、年男代表で作文を読むことになりました。


なかなかいい作文だったので、みなさんにもご紹介しますね…


『トイレ掃除と全国制覇』

「だれも見ていなくても、だれからもほめられなくても、柔道の神様はきっと見てるよ。」3年生の時にお父さんにそう言われてから、ぼくは、ゴミを拾ったり、トイレのスリッパをそろえたりするようになりました。
ぼくの通う柔道場(稲美創武館)では、「毎日必ずお手伝いをする!」という約束があります。みんなおふろ掃除や犬のさんぽをしています。ぼくは毎日トイレ掃除をすることにしました。トイレ掃除は人がいやがる仕事だし、きたない所をきれいにするのは気持ちがいいと思ったからです。
便座や床はふくだけできれいになるけど、便器がたいへんです。ブラシでゴシゴシこすったり、強力な洗ざいをつけても、なかなかよごれが落ちません。学校の先生に相談したら、「紙やすりを使ってみたら?」といって、少し分けてくれました。
家に帰ってすぐにこすってみました。すると、ぼくが気になっていたよごれが、いっぺんにきれいになりました。あんまり使いすぎると傷がつくといけないので、紙やすりは時々使うようにしました。
ぼくの家のトイレには、家族みんなの目標がはってあります。目標に向かって何をするのか、どうやってがんばるのかも書いてあるので、試合が近くなったり、練習がつらい時は、トイレのかべを見て「よし!」て気合いを入れるようにしています。だから、トイレはぼくにとって、とても大切な場所です。
去年、ぼくは全国小学生学年別柔道大会で、3位になりました。兵庫県予選で優勝して、初めて出た全国大会で3位になって、自分では「よくがんばったな」と満足していました。
でも、帰ってきてから、道場の仲間や学校の友達、先生に「よかったね」「おめでとう」と声をかけられると、なんだかはずかしくなりました。
なんで優勝しなかったんだろう…?なんで、あの時負けたんだろう…。どうせなら、優勝しておめでとうと言われたかったなぁと思うと、だんだんくやしくなりました。
今年の目標は「日本一」
今度は絶対優勝して、気持ちよくみんなに「おめでとう」と言ってもらいたいです。

・・・・・・・・・・・・

がんばれ!たぁちゃん



元気!新年…

あけましておめでとうございます

昨年中はたくさんの方々に訪問&コメントしていただき、ありがとうございました。

今年もみなさんにいっぱい元気をあげられるよう頑張りますので、応援よろしくお願いしますm(__)m


2009年のたぁちゃんの目標は…

「日本一になること」


私の目標は…
「日本一の稽古相手を務め上げること」です。

しっかり、体をつくらねば…


年末はバタバタと忙しく、更新&コメ返しが滞りました。ごめんなさいm(__)m
プロフィール

空豆

Author:空豆
女柔道整復師
接骨院院長であり主婦であり
1男の母でもあります。

カテゴリー
ads by Google
最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最近のコメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
最近のトラックバック
★超便利★ブックマーク登録
Yahoo!に追加
Googleに追加
livedoorClipに追加
♥. ♠. ♣Alice
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。