スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元気!7人の神様

接骨院で、たぁちゃんのトイレ掃除の話をしていたら、1人のおばあちゃんが、こんな話をしてくれました。


家の中には7人の神様がいるそうです。家が新築されると、7人の神様がダーッと走ってきて、自分の担当する部屋を決めるそうです。


1番早く着いた神様は、
1番お金がかかっていて、見栄えがよく、かっこいいからと、応接間の担当に。

2番めに着いた神様は、
2番めにお金がかかっていて、見栄えがいい玄関の担当に…。

3番めは居間

4番めは寝室

5・6・7番めに着いた神様には水回りしか残っていません。

5番めに着いた神様は、その中でも1番格の高い台所

6番めの神様は、汚れたところを洗い流すという意味で、洗面所とお風呂を担当します。

最後に7番めの神様がたどり着いた時には、担当するところがトイレしか残っていないので、7番めの神様は必ずトイレを担当することになるそうです。


ところで、7人の神様が到着するのに、なぜこれほど時間差がでるのか…?
それは持ってくるものが違うからです。

1番めの神様は手ぶらで、2番めは小さい紙袋くらいのお土産を持ってきます。3番めは…
4番めは…
7番めの神様は、大きな大きなリュックサック…
中身は、金銀財宝
7番めの神様は、とても心が優しく、温かい方なので、その家に行って、みんなを裕福にしてあげようと思うのだそうです。

リュックサックが重くて走れなかったので、やっと着いた時にはトイレしか残っていなかったらしい…。



トイレ掃除をすると、金銀財宝を運んできてくれた神様を大事にすることになり、その家はお金に困らなくなるんだそうです…。


そんな話を聞いたら、めちゃくちゃ打算的な考えがでてしまいます。
損得勘定、下心ありで、掃除してもいいんでしょうかねぇ…


そんな母の心を知るよしもなく…

今日もたぁちゃんは、せっせとトイレを磨いています。


たぁちゃん、ピッカピカにしてね
よろしくお願いします



スポンサーサイト

元気!トイレ掃除☆

先日、道場で、
「毎日1つはお手伝いをしなさい…」
という約束をしてから、
子供たちはそれぞれ、決まったお手伝いを毎日続けているようです。

・お風呂掃除
・布団敷き
・犬の散歩
・洗濯物入れ  etc…


決められたお手伝いはないけれど、毎日何かしら、用事を頼まれてる息子…
(パシリくんですから)

それだけで十分なのですが、「僕は毎日○○をしています!」
と決まったお手伝いがないことが、すごく不安になったようで…

突然…

「俺、今日から毎日トイレ掃除するわ

と言い出しました。


トイレ掃除??

私も週に1~2回しかできないから、まぁ毎日してくれたら助かるけど…ちゃんとできるんかなぁ?
半信半疑でお願いすることにしました。

「洗剤買ってきて!」
「お掃除シート買って!」
「洗いやすいブラシほしい」

典型的な形から入るタイプです…


何日かは注文も多かったけど、納得いったのか、それからは毎日黙々と続けています。


ある日、学校から帰ると、トイレに一目散
掃除を始めました。

しばらくして…

「よっしゃぁぁ!これが達成感っちゅうもんや

なんだか満足気な顔をしてトイレから出てきました。

「達成感?なにが?」


「今まで、何回こすっても、洗っても、なかなか落ちなかった黄ばみが今日、ついに落ちてんめっちゃきれいになってるで

誇らしげな顔で言いました。

背中を押されて、トイレに入ると、確かに便器は
真っ白ピカピカ
それに合わせて、マットまで取り替えてありました

「すごいやん!どうしたん?」

なんでも、黄ばみがどうしても落ちないから、学校の理科の先生に相談したんだそうです。(なんで理科の先生やねん)
先生はいろいろ考えて下さって、それならと、紙ヤスリを少し分けて下さったそうです。

「先生の言うとおり擦ってみたら、本当にきれいになったわ

とてもうれしそうに言いました。


(あまり、擦りすぎるなよ…)
これは心の中に押し込んで、この日は「ありがとう」をいっぱい言いました。



一家に一人…
たぁちゃん、いかがですかぁぁ…


元気!出産悲話?

昨日、妹が第二子を無事出産しました。
はい…おしりから…

出産といえば…
自分の時のことを思い出しました。と、いうより、私たち三姉妹には共通する思い出があるようです…


私は今から11年前の夏に息子を出産しました。いわゆる安産だったようですが、分娩室に入ってから、ちょっとしたハプニングが起きました

分娩台に上がり、いよいよ…という時に先生が慌てた様子で言いました。

「なんや!この筋肉は

えっ??

「もうそこまで来てるのに筋肉が邪魔して出てこられへんやないか

はっ??

「何か運動してたんか?」

「じゅ柔道を…

いきみながら、なんとか答えました。

「あかん赤ちゃん弱ってきてるわ!乗るぞ

気が付くと、先生がお腹の上に馬乗りになっていました。

先生がお腹をフンッと押した瞬間…


ムギャぁぁぁぁ


私の雄叫びと赤ちゃんの泣き声はほぼ同時に…


車にひかれたカエルの気持ちが分かった気がしました…


その次の年、真ん中の妹が出産に挑みました。
現役時代は軽量級、引退後も私と違って痩せていたので、お腹だけポコッと出た細い妊婦さんでしたが、
いよいよ分娩!という時に、またもや、先生からあの言葉が…


「き、筋肉が


幸い、赤ちゃんが小さかったので、今度は先生ではなく、助産師さんが乗ったそうです…


さてさて3番め…

彼女は元全日本の選手で国際大会にも何度か出場しています。
基本的に私たちとは体の造りが違います。

いよいよ分娩台に…


「なんじゃ、こりゃぁぁぁぁぁ


・・・・・・・・


あとはご想像におまかせしますm(__)m


昨日の赤ちゃん、3400gの元気な女の子

大きくなぁれ



元気!「朝」

「あ~こんな自分イヤだなぁ…生まれ変わりたいなぁ…」と思うこと、ありませんか?

生まれ変わりたい…とまではいかなくても、もやもやした気持ちをリセットしたい時って、ありますよね…


ある「漢字の本」に、
生まれ変わるためのおまじないが載っていたので、ご紹介します。


朝、起きたらこう言えばいいんですって。

『よっしゃ今日から新しい自分や


このとき、手のひらをにぎって、ガッツポーズをつけるのがポイント


これ、すごく気持ちが変わります。


「朝」

「十月十日」(とつきとおか)と書いて…「朝」

「十月十日」…それは胎児がお母さんの中で命を育む時間です。

だから、実は私たちは朝がくるたびに生まれ変わっているんです。

今朝からまた新しい自分の人生が始まりました。

そう考えると、新しい自分にワクワクしてきませんか?


朝は自分のためにくる…。

1日1回
毎朝、生まれ変わろう


新しい自分に…
「おはようございます



元気!「キライ」って言うな!

昨日、道場の子供たちが何人か遊びに来ていました。

午前中の稽古がかなりハードだったので、少し子供たちにお伺いを立ててみました。


「柔道好き?」


ほとんどの子が「好き」と答えました。


少しホッとしながら、1人だけ「キライ」と答えた子のことが気になりました。

どっちでもない…
あまり好きじゃない…
ならともかく、
「キライ!」ときたか…



いろんな選択肢を与えてみたり、質問の方向を変えてみたり…
「好き」とは言わなくても、なんとか「キライじゃない」とこまで持っていきたかったのですが、最後まで「キライ」を通されました。


むずかしいですね…


だからといって、やめたくはないんです。
いっしょにやってる同級生に負けるのはイヤだから…

勝負にこだわらないわけでもないんです。
「あの子はできてるのに、おまえは…」
って話をすると、妙に頑張ったりする…


続けたり、頑張ったりするってことは本当はキライではないのか…(・・?)


「簡単にキライって言うな


いっしょにいたお父さんがいいました。


「まだ何も分かってないくせに…何もできないくせに…とにかく全部やってから最後の最後に判断しろ


器用で何でも卒なくこなす子です。
運動神経もよく、体育も得意な子です。

きっと初めてぶつかったのでしょう。

「うまくいかない壁」に…。「思い通りいかない壁」に…。

うまくいかない=嫌い
なのかな…。


その壁が乗り越えられるまで付き合うよ

「好き」じゃなくても「嫌い」じゃなくなるまで…。


強くなるまで…。



元気!「夢」


あなたの「夢」は何ですか?


お父さんのようになりたいのも夢…


学校の先生になりたいという夢…


なかなか言えなかった
「ありがとう」をいつか家族に言うのも夢…


今はないけど、いつか夢を見つけるぞ!という夢…




夢にはいろんな力があります。


ちょっと頑張ってみようと思う力…

ちょっとでも、今を変えようとする力…


そのちょっとが、今を大切に生きる力になる。
これからの自分を支えてくれる力になる…。



あなたの夢は何ですか…?


私の夢は…

少しでも長く、子供たちに柔道を教えること…。



そして、もう1つは…


オリンピック選手の母になること…




元気!渋柿

患者さんから柿をたくさんいただきました。


『美味しい柿です。ご自由にお持ち帰りください』


貼り紙をして、他の患者さんにもおすそ分けすることにしました。


ある患者さんが言いました。

「これ、渋柿ちゃうか?」


もらった時に、そんな話は聞いてないけど…。


言われて見れば、そんな気もするかな?
でも…
形はどっちともとれる。


「食べてみよか


もちろん試食係は私…


小さめのを1/4に切って、ガブリといってみた。


「甘い」と感じた次の瞬間…


口の中が・・・・・


ピキピキ
パシパシってなった

あ"ぁ"ぁぁぁぁ


「渋柿やったぁぁぁ


それから、しばらくの間、私の口の中は片栗粉を手でギシギシ触ってる感じと同じようになってた…


見ていた患者さんたちは
大笑い


「何もガブッてせんでも、ペロッっしたら分かるやろ?」

「だって、一瞬甘かったんやもん


結局、渋柿と判明したこの柿たちは、みんなの手で干し柿にすることになりました。


あ~渋かったぁぁ

でも、またみんなの元気の種(ネタ?)になりました。

めでたし めでたし?

元気!赤ちゃんはどこから?

出産間近の妹…

ある日、パンパンになったママのお腹を見て、もうすぐお兄ちゃんになる3歳のが言いました。


「赤ちゃんって、どこから産まれてくるの?」


「ママのお腹がパカーンッて割れて出てくるんだよ」

しどろもどろに答えるパパとばあちゃん…


高校の保健体育の教師をしている妹…

どうせなら、「お腹が割れて…」なんて教えないで、ちゃんと本当のこと教えた方がいいと息子に説明したそうです。


赤ちゃんはおしりから産まれるんだよ…
ウ○チが出てくる穴の近くに、もう1つ穴があるの…。それは、赤ちゃんしか知らない抜け穴で、赤ちゃんはその穴からムギューッてウ○チみたいに出てくるんだよ…


なるほど…


なかなかうまい説明だな…と思いました。


数日後、電話で、甥っ子に聞いてみました。

「赤ちゃんってどこから産まれてくるの?」


「あのね、おしりから、ウ○チといっしょに産まれてくるんだよ


微妙・・・・(;^_^A


「えーっじゃぁ、赤ちゃんって臭いの??」

いじわるして聞き返すと、

「臭くないもん


がシャンッと電話を切られました…


赤ちゃん、無事に産まれるといいね…




元気!お手伝い

稲美創武館・月曜日組
~参加条件~
・しっかり挨拶ができる
・大きな声で返事ができる
・1日1つお手伝いをする
・宿題・勉強を終わらせる
・読書をする

以上のことが守れない者は参加する資格なし


こうして始めた月曜日特練組の稽古。
おもにチームの中心選手が参加しています。

より厳しく、より志を高く…と始めたのですが、最近、どうも馴れ合いな稽古になってきています。

もう一度、みんなの意識を高めようと、ある質問をしてみました。


「約束どおり、毎日お手伝いをしてる者


わずか数人がソロリと手を挙げました。


はぁ…


予測はしていたけど…


子供たちには、もう一度、自分はこの稽古に参加する資格があるのか?考えてくるように話しました。


柔道はとても奥の深いものです。単に勝った、負けたの稽古だけをしていても強くはなりません。技や体は磨けても心が磨けないからです。
心は返事、挨拶などの礼儀作法をはじめ、日常生活での心構えで磨くことができます。
本当に強い人は言動・行動・立ち振舞いまでもが違うものです。
そして、それは柔道を引退した後の人間形成にもつながります。
財を失っても礼儀作法と読書は一生の糧になるからです。

最近強くなってきたな…と思う子は、おうちでの行動や下の子の面倒見など生活態度も変わってきます。

反対に、最近どうも思うような成績が残せてないな…と思う子は、生活態度や稽古の内容に浮ついたところが見られます。


行動は心の鏡です。その子の意識の高さは不思議と行動に表れます。


そんな話をした帰りの車の中で息子がポツリと言いました。

「オレってお手伝いできてるんかなぁ…?」


主人と顔を見合せて思わず笑ってしまいました。


「してるよめっちゃしてるやん


「おまえは基本的にお父さんとお母さんのパシリやからなぁ…


家の中でも上下関係はバッチリな我が家…


あれしろ!これしとけ!は日常茶飯事…。


「お手伝い」を「お手伝い」とは思わず、毎日当たり前にこなす息子くん…

がんばれ
君はきっと強くなるよ…

元気!continue…

目覚まし時計が鳴る5:45

辺りはまだ真っ暗…

ピーンとした冷たい空気…
思わず、また布団に潜り込みたくなる…。

耳をすまし雨の音を聞く


降ってない…

あぁぁぁぁぁ

そう思っていると、2回めのアラームが鳴る…


分かってまーす


独り言を言いながら、しぶしぶ布団から出る…


さて、これからが大変


次は息子の番…


「たぁちゃん、起きよ
行くで早く

・・・・・・・

「どうするの?走るの?
やめるの?」


・・・・・やめとく…


ちょっと声をかける間隔があくと、





「いい加減にしなさい


最後は私の一喝で飛び起きるけど、

ダンダンダン
ものすごい不機嫌顔で用意して、ふてくされて走り出す…。


今日は特に時間がかかった。


ランニングの帰り、息子と話をした。


毎朝、起きるの辛いよね…イヤだよね…走るのきついよね…さぼりたいと思う日もあるやろ?お母さんもそうやった…
でもな、なんぼ起きるのイヤでも、さぼってしまったら、その後、もっとイヤな気持ちになるよ。


息子は黙って聞いていた…

今日は朝焼けがとってもきれいだった。


「朝ごはん、何にする?」

そう言いながら、帰りはすっかり笑顔になっていた。

お母さんも辛いけど、君が頑張るなら付き合うよ…


続けよう…



元気!○○期?

小学5年生の息子…。

最近、生意気で、口答えや言い訳がやたら多い…。
どうやら反抗期のようです。

先日も、ランニングで目標タイムがクリアできないことに腹を立て、
「いっしょに走ってるお母さんが遅いから」とか、「靴が重い」とか…言い訳、人のせいのオンパレード


(誰のためにやってんねん)

沸々と怒りがこみあげる母…。

「そのうち、張りとばしたるからな


そうは思っても、最近、力では負けるし、もし逆上して、かかったきた場合、対処できるか…?
などと考えると、うかつに手も出せなくなってきた。

後ろから狙うか…
寝込みを襲うか…

でも寝てる時は結構かわいいんだよな…


そんな話を同じ5年生のお母さんとしていたら…

「うちもすごいよ」と、
おもしろい話を聞きました。


ある日、あまりに生意気な口をきくので、「なんでそんなんなん?」と聞くと…

「オレ、今、「ナンとか期」やねん


・・・・・(・・?)


「ナンとか期って何よ
反抗期って言いたいの?」


「そ、そうや!反抗期や

反抗期の意味も分からんと使うな


そこの弟くんが、またナイスなヤツで…


お母さんとお兄ちゃんのやりとりを聞きながら…

「思春期に少年から大人に変わる~~♪♪」

と、鼻歌を歌いながら、通りすぎて行ったそうです。


「反抗期…」
一時的なことなんでしょうが、「反抗期」の一言で済ませてしまうのも腹が立つし、「反抗期だから」といって、許されないことも世の中にはたくさんあるのに…と思うと、ちょっと考えちゃいますね…


みなさんはどうやって乗り越えて来られましたか?


元気!いい言葉♪

「夢は語るものではなく、叶えるもの…」

いい言葉ですね…。

実は大学時代の友人に教えてもらった言葉です。


言葉には不思議な力がありますね…。
人を元気にすることもあるし、逆に傷つけてしまうこともあります。

いい言葉と出会い、
いい言葉と付き合っていれば、心や行動はきっと良い方へ変わっていくと思います。

私も時々「いい言葉だなぁ…」って思う言葉に出会います。

「いい言葉」はいい友達のようなものです。

自分を励ましてくれたり、慰めてくれたり、優しい気持ちにしてくれたりします。


「いい言葉」はいい先生のようです。

自分に教えてくれたり、叱ってくれたり、幸せな気持ちにしてくれたりします。

いい言葉がみんなを元気づけ、勇気づけてくれます。

いい言葉にたくさん出会えるといいですね…。

だって、「いい言葉」は、
不思議なほど人を幸せにする力を持っているんですから…。


「いい言葉」だけではなく、みんなを元気にする「いい話」もみなさんに伝えていけたらいいですね…。



元気!「目標」と「夢」の関係

「前略、がんばっているみんなへ~キタジマくんからのメッセージ~」

水泳の北島康介選手の本です。

子供向きの本ですが、読みやすくて、なかなかいいことが書いてあります。子供たちに分かりやすく指導するのにも、いろいろ参考になりそうな1冊です… 


その中から…

「目標」と「夢」の関係

「目標」は「夢」に近づくための階段

今の自分にはできないけど、いつかそうなりたいと思うのが「夢」

今の自分が頑張れば、できそうなことが「目標」

目標をもったら、それを達成するために前向きに挑戦すること。

レースや試合では、自分の良さを最初から出すように心がける。

そして失敗することを恐れないこと。

失敗したら、今度はそこからまた、新しい目標を見つけて取り組んでいけばいいのだから…。

目の前にある「目標」をひとつずつクリアしていけば、いつか「夢」が「目標」になる
・・・・・・・


子供たちには稽古が始まる前に、「今日の目標と課題を決めなさい…」と言っています。人によって階段の数や高さは違いますが、1段1段しっかり踏みしめて上って行けば、必ず夢は叶うと…。


夢は語るものではなく、叶えるもの…

大人になった私たちにも、そんな気持ちを思い出させてくれる1冊でした。



夢を持って生きること…


やらずに後悔していることの階段を今から上り始めてみるのも悪くないかもしれません…。


元気!この冬いち押し☆

今、お気に入りの…
「デニム調レギンス」


スキニーよりピッタリフィットなのに、ゴムだから楽チンだし…

デニム調だから、若い子のレギンスより恥ずかしくないし…

ワンピースや長めのチュニック上に着てブーツ履いたらかわいい…


ってなわけで、この冬の私のいち押しです


今朝、そのお気に入りのレギンスを履く瞬間をダンナに見られた…


「すげーな!それ何?
Gパン?のびるの?」


どうやら、お腹のゴム部分を見られたらしい…


「うん。楽やねん


「これってGパンの生地?」

「色は似てるけどちがうよ!デニム調ってやつのびるし…」


「のびのびジーンズなん?」

のびのびジーンズ??

(久々に聞いたなぁ…)


(デニム調レギンスですけど…)


説明しようと思ったけど、長くなりそうだったので、

「簡単にいうと、『Gパンもどきのパッチ』かな…」

「ふぅん、パッチなん
Gパンみたいなパッチなんやぁ~」


妙に納得していた…


後で上にチュニックを着て見せたけど、特にそれには興味ないらしく…
彼の頭の中は「パッチ」で終わっていたようです。


私のこの冬のいち押し


『Gパンもどきのパッチ』


いやいや…

『デニム調レギンス』
ですから…

元気!勝利のV?

うちの道場の名前…
『稲美創武館』

数年前の道場の卒業生が、卒業記念に贈呈してくれた団旗『稲美創武館V』


6年生のある生徒が、団旗を眺めながら言いました。

あのVって何でブイなん?創武館(そうぶかん)の
『ぶ』やから『V』なん?


えっ??


アホか『V』といえば、勝利のVや。「Victory」の
「V」やろう

すかさず、他の6年生が言い返しました。


えーっ
「ビクトリーのV???」
「ビクトリー」やったら、
「ビ」やから「B」でいいんじゃないのぉ(゜U。)?


アホかぁぁぁ


みんなに集中攻撃され袋叩きにあってました


説明の仕方がおもしろかったですよ


「ばびぶべぼ」でも唇をギッって噛みながら言う
「バビブベボ」は「V」って書くねん


今の説明でわかったんか?

「あっそうか!「ウ」に点々つけるヤツのことやろ
だから「ヴィ」は「V」なんや


えっ?
あの説明で分かったの


「そうやなら、創武館の「ぶ」は何て書くねん?」


「ビーオー(BO)


「アホかそれは「ボ」じゃ


こいつら、オモロすぎる


元気!社会勉強

昨日の振り込め詐欺は、未然に防がれたのですが、実は私も一度苦い経験をしてるんです

接骨院を開院した年の秋…
診療中に、お祭りの法被を着た若い衆が…

「お祭りのお花(祝儀)をいただきにきました!」と、
威勢よく入ってきました。

今、この地区を御輿が回っていて、おとなりの喫茶店でも今、戴いてきました!とのこと…。


地域密着型をめざす接骨院としては、地区の行事を無視するわけにもいかず、
急いでお祝儀を作って渡しました。



「ありがとうございました」

威勢よく言って、
○○自治会青年団と書いた領収書もくれました。



わずか数分のやりとりを見ていた患者さんたちが首をかしげました。


この辺りの祭りで予告も挨拶もなく、お祝儀を集めるなんて聞いたことない…


あんな法被見たことない…


「先生、領収書見せてみ!」

とどめはこの言葉…

「こんな自治会ないで!」


早く言ってよ


その後、おとなりの喫茶店に尋ねてみたところ…


「あ~先生んとこもやられたんウチも去年、ひっかかったのよ今年は来てないわよ」 


やられたぁ


確かに、このお祭り男が来たのは、後にも先にもこの年限り…。


地域に不案内な新しくできたお店だけを狙った詐欺だったらしい…


仕方ない…
高い社会勉強代を払わされと思うしかありません。

「三千円也-。」

先日、街でまた、あの法被を見かけました。


今年もまた、同じ被害に遭ってる人がいるのかな…と思うとなんか寂しくなりました。



元気!振り込め詐欺

NTTから電話がありました。

「タウンページの広告掲載料の振り込め詐欺が多発しています。広告料は毎月口座振替で引き落とされていますので…間違えて振り込まないよう、ご注意下さい…」


「また?今年もこの季節がやってきたのねぇ…」


「はい、そろそろ振り込み用紙が送られて来ると思いますが、振り込まないで下さいね…。」


「了解


毎年のことで、ひっかかりはしませんが、振り込み用紙が送られてくると、一瞬、変な気持ちになります。


数日後、忠告どおり、封書が届きました。


「タウンページ広告料が未払いになっています…」
から始まり、ご丁寧に、
「この分です!」と、
広告の切り抜きが貼ってありました。
振り込み用紙も同封されています。
うん万円也 高っッ


これ、偽物ってわかってるから、笑って見てるけど、もし、忠告なしで送られてきたら、確かに一瞬考えるよね…


現に、これを初めて見た受付さんは「先生、これ、請求書入に入れときますね!」って普通に言ってたもん


ひっかかっとるがな…


よく、振り込め詐欺のニュース聞いて、なんで騙されるの?って不思議に思ってたけど、被害者の気持ちやその時の心理が少し分かった気がしました。


でも、ひっかからないよ

あっかんべぇ~


って…、

それが一番あぶない??



元気!拭いちゃダメ!

息子がテレビを見ていました。


「あッあー!あかん、あかん! あっ!あーぁ


何を見てるかと思えば、
ケンタッキーのCM…

かわいい女の子が、泣きながらケンタッキー食べてる。最初は泣いてるけど、ケンタッキー食べたら、すっかり笑顔


っていう内容のCMです。

で、よーく見ると、女の子は柔道着を着ています。

試合かなにかで負けて泣いてるんかな…?


「なんで、道着でケンタッキー食べてんねんその手、どこで拭くねん道着汚れるやないか


息子はえらく怒ってます。

「どうすんねん!あーぁ食べてもた拭くんやろなぁ…道着で


このCM見るたびに怒ってます。


「なぁなぁ、お母さん、どう思う?」


「そうやなぁ…着替えてから食べたらええのになぁ…」


「なっ、なっ、そうやろ俺やったら、そうする! 絶対、下(ズボン)で拭いてまうもん


ズボンで拭く?

それ、道着じゃなくてもあかんやろ?


白熱したこの母子の会話を聞いてたパパ…

一言…

「テレビの話やろ?CMの演出やん


まっ、そりゃそうですけど…



元気!お誕生日♪

昨日ふと…
このブログのお誕生日でした満1歳です

いつも携帯からの更新で、何もイベントはできませんが、これからも皆さんに愛され、そして、少しでも多くの元気を分けてあげられるブログにしたいと思います。
これからもよろしくお願いしますm(__)m

       空豆より

元気!G.G.佐藤☆

え~今日はお笑いを一席☆

プロ野球日本シリーズを見て盛り上がってる我が家…

アンチ巨人のパパと息子。
もちろん西武の応援


昨日、ふと…

「西武からオリンピックに出てた人、もう1人、いなかったっけ?」

私が尋ねると、

息子がすぐに

「あぁG.G佐藤やろ?」

と、教えてくれました。 

「なんで、出てないの?」

「出られへんねん

「なんで?ケガかなんかしてるの?」


「いや、なんかなぁ…
日本シリーズは外国人選手の登録人数が決まってて、何人かしか出られへんらしいで


・・・・・・(・・?)


「そんなことないやろ?
だって、巨人はシーズンどおり、いっぱい出てるやん


「だって、○○くんが言っとったもん


「ふぅ~ん…まぁ、それはいいとして…G.G佐藤って外国人とちゃうで純粋な日本人


・・・・・・(゜U。)?


「うそぉ!だって…
『G.G』やで
英語やで


あのなぁ…


「イチローも本当は「鈴木」やろ?登録名に「GG」使ってるだけや…」


今日はたぁちゃんの負け

お父さんが向こうの方で、
「知ッタカタ~知ッタカタ~知ッタカタッタッタ~♪♪」

と行進足踏みしてました


ちなみにG.G佐藤選手のG.Gの由来は中学生時代のあだ名で「じじぃ」から来てるそうです。
今はケガで登録抹消になってます。決して、外国人登録から外れたんじゃないですから…




元気!誰もが通る道?

最近、小学生でも万引きが横行していて、息子の学校でも問題になっています。

先日、万引きをして補導された子のお母さんと話す機会がありました。
そのお母さんは、ショックでかなり悩んでいました。でもそのお話の中で、ビックリする話を耳にしました。

その時、いっしょに捕まった子のお母さんが言ってたという言葉…


「そんなん、誰もが通る道やしね…。私も子供の頃、よくやったけど、大人になってからはしてないし…」と、笑って話していたそうです。


・・・・・・・


開いた口がふさがらないとは、まさにこのことです。

誰もが??

通る道…ですか(・・?)



大人になってしなけりゃ、いいんですか…(・・?)


大人になってまでしてるやつおらへん…って、オムツやおしゃぶりじゃあるまいし


万引きに子供も大人もないでしょ

盗みは盗み、罪は罪 


なんか同じ人間として、
イヤになってきた。


そんな話をして、帰りにスーパーに寄ったら、
お店に陳列してあるジュースを手に取り、勝手にストローさして子供に飲ませてる母親がいた


自分ちの冷蔵庫か


そして、普通に買い物して、帰りにレジで「あ、これもね!」と、子供が飲んでるジュースを悪びれもせず、普通に指さして言ってた。
「すみません」も「ごめんなさい」もなく…。


お金払えばいいの…


だから、モノ盗っても平気な子供が増えるんだよ


モラルとか常識とか言う前に、いいことと悪いことの区別すらついてない…。


なんか、悲しい世の中です…。


元気!モラル?

息子に「プロチ買ってきて♪」とお願いされていたので、いつも寄るスーパーのお菓子売場へ…。


プロチとはプロ野球チップスのことで、小袋のポテトチップスにプロ野球選手のカードがついてるモノです。
私たちが子供の頃からありますが、最近、また流行り出し、子供たちもカードをコツコツ集めてるみたいです。


売場に行くと、いつもプロチがある場所がもぬけの殻になっています。

あれ?売り切れかな?

そこに、1枚の貼り紙を見つけました。


『プロ野球チップスのカードだけが捕られる事態が続きました。しばらく、販売を自粛させていただきます。』


えっ??

カードだけ…?


ひどい人がいるんだな…。

そういえば、少し前、パン売り場で、シールを集めて点数が貯まると、お皿がもらえるキャンペーン中に、パンに付いてるシールだけを剥がして、堂々と台紙に貼りつけてる親子を見たことがあります。


またまたある日、息子と本屋さんに行った時のこと。

売り物の本の上に駄菓子の空袋が放置してありました。

息子が見つけて、ゴミ箱に捨てに行きました。


しばらくすると、息子が「また、あったで!」 

結局、駄菓子のゴミは数ヶ所の本の上に放置されていました。


これって、モラルの問題?

モラルだけの問題??


どうなっちゃてるんだ



プロフィール

空豆

Author:空豆
女柔道整復師
接骨院院長であり主婦であり
1男の母でもあります。

カテゴリー
ads by Google
最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最近のコメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
最近のトラックバック
★超便利★ブックマーク登録
Yahoo!に追加
Googleに追加
livedoorClipに追加
♥. ♠. ♣Alice
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。