スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元気!真っ黒くろすけ☆

あぁ気持ち良かった~♪


息子が妙にさっぱりした顔で、お風呂から上がってきた…

顔はツルツルテカテカ生まれたてみたい…

「今日はなんかいつもとちがうやん!」

私が言うと…


「今日はなぁ…お父さんに洗ってもらってん


なるほど


よく見ると、顔も体も一皮むいたように「つるりん」としています。


「なんか、色、白なったな…里いもみたいやん」 

息子と2人で大笑いしていると、お父さんが上がってきました。


「いやぁ…まいったわこいつ、真っ黒やったでこすってこすってこすりまくったったわおまえ、毎日どこ洗ってんねん


次の日…
息子といっしょにお風呂に入った私がそっと洗い方をチェック       

そりゃ、あかんわ

「たぁちゃん、洗うのと、泡つけるのはちゃうで

こいつの道着が汚い理由、分かった気がする…


たまには洗ってあげた方がいいですよ

ただし、いつまで洗わせてくれるかが問題だな…
スポンサーサイト

元気!右の者…

全国大会の表彰状…

(本当は縦書きです)  

    賞 状

第三位 五年男子45kg超級

 兵庫県  前○○大

右は本連盟主催、第五回
全国小学生学年別柔道大会において……



「なんで『右』なん??
オレ、右ちゃうで


確かに…

たぁちゃんは左組みです

元気!大好物…?

夏休みも終わりに近づき、子供たちが、それぞれの作品について話していました。

ある6年生に息子が、
「自由研究、何したん?」と聞きました。


『世界のこうぶつ(鉱物)』

「こうぶつ?って食べ物大好物のこと? 世界の人のなんて、どうやって調べるん?」


・・・・(・・?)


「アホか 石や


ものすごく、つめたく返されてました

おまえも「鉱石」って言うたれや…

元気!バイキング☆

全国大会前日、兵庫県選手団は連盟が用意してくれたホテルに宿泊しました。

○○グランドホテル

食事はバイキング形式と聞いていたので、ちょっとワクワクo(^-^)o


「明日、試合やから、いっぱい食べよ
いそいそと天平の間へ…


1・2・3・4…
10種類ほどの大皿が並んでたかな…
料理は浜松ならでは…と思いきや…
トンカツ・からあげ・焼そば・しょうが焼 etc…
うーん、どこにでもあるような…

まっ今日は子供たちメインだからね…

気を取り直して、乾杯


ドドドーッ

選手、監督、コーチ陣…
半分以上が重量級

ほぼ全員が1皿めを取りに行き、席についた…

バイキングコーナーに料理はほとんど残ってない…
サラダとフルーツ盛り合わせが少々あったが、あとはほぼ空っぽ


バイキングだし、次来るよね
次の待とう
            


・・・・・・(・・?)


来る気配なし・・・・


「あのぅ、次のは?」
思いきって聞いてみた。


「これで終わりですよ」
と係の人…

・・・・・

「バイキングですよね?」

「バイキングですが、食べ放題ではないので…」  

・・・・・絶句


『バイキング=食べ放題』

じゃないの???


結局、残ってたカレーで子供たちを満腹にし、その後、コンビニに夜食を買いに走る母たちであった…


ちなみに浜松=ウナギは、昼食に浜名湖SAで食べました。お弁当だったけど、けっこうおいしかったです。

市内のうなぎ屋さんで、
うな重を食べた父兄の方のお話…

「あまりに美味くて、いつも食べてるのは実はヘビじゃないか?って思った

そうです…


お後がよろしいようで…

元気!ありがとうございました☆

昨日、第5回全国小学生学年別柔道大会が無事終わりました。

結果は…

5年生男子45kg超級

   第3位


初めての全国大会にしてはまずまずの成績…?
いや、上出来…かな?
よく、がんばりました


優勝できなかったのは、柔道の神様が、「もう少し頑張りなさい」と、また新しい宿題を出したからかな…



ちなみに息子と始めたスタミナづくりのランニング…

「全国制覇するまで」

という約束だったので、私のランニング引退は来年まで、おあずけです  さっそく、今日からはじめます


ブログを通じて全国のたくさんのお友達から応援のメッセージをいただきました。本当にありがとうございました
これからもがんばりますので、応援よろしくお願いします

元気!験担ぎ

いよいよ明日、全国大会へ出発です


今日は朝から、験(げん)担ぎの用事に追われバタバタしています


私が現役時代にしていた儀式?に加え、あの試合の前日にコレをしたからよかったとか、あの時はコレを食べて勝ったとか…
試合を重ねるごとに験担ぎでやることが増えていき、試合の前日ともなれば、大忙しです 

食べ物も大変

まず、試合前日には鶏肉は食べない(とぶから

ちなみにソフトの前日は食べます(とぶから

カツは必ずですが、県大会の前は、じいちゃんにもらったステーキ食べて勝てたから…その前の試合では、ウナギ食べて調子よかったから…
そんなこんなで、前日に食べるものもどんどん増え…

食べ過ぎやろ


昨日、義妹からメンチカツの差し入れがありました。

「メンチ」きって勝つ

だそうです


また増えたやん


科学的には意味ないんでしょうけど、つくせる手は、すべてつくして頑張ってきます

元気!かぼちゃ=南瓜?

夏休みの間、昼間はおばあちゃんちでお世話になってる息子…


「今日、ばあちゃんちの昼ごはん何やったん?」


「かぼちゃのナンキン

・・・・・(・・?)


『かぼちゃのナンキン

「あのなぁ、オレ、かぼちゃの天ぷらは好きやねん。でもかぼちゃのナンキンは苦手やねん


うーん、かぼちゃの煮物のことかな…??


「たぁちゃん、かぼちゃのことをナンキン(南瓜)って言うんやで…。かぼちゃと南瓜はいっしょやねんで


「えーッ だって、お母さんはナンキンって言わんやん」         

まぁな・・・


我が家は「かぼちゃ」といえば、天ぷらしかしない。

ばあちゃんちは「かぼちゃ」といえば、煮物。


「たぁちゃん、ナンキン食べるか?」と、
煮物を指さされたので、煮物=ナンキンで『かぼちゃのナンキン』になったらしい…          

息子は「日本語はむずい」って言っていた…


「むずいって言うな難しいやろ

元気!やる気一発!

うちの道場に通う1年生の国語の宿題プリント…

『絵を見て、モノの名前をひらがなで書きましょう』

茶わんの絵→【ちゃわん】
鉛筆の絵→【えんぴつ】
机の絵→【つくえ】

しゃもじの絵→【やるきいっぱつ】


・・・・・・(・・?)


道場の6年生が、毎年、修学旅行のおみやげに買ってくる宮島の「しゃもじ」


「必勝」「勇気」「根性」

いろいろな言葉がある中で、去年のおみやげは…

『やる気一発


このおみやげしゃもじは、稽古の中で、押さえ込まれたり、投げられた時の罰ゲームや、自ら、気合いを入れてほしい時に使う、いわゆる「やる気注入しゃもじ」として使っています。


『絵を見て、モノの名前をひらがなで書きましょう』

しゃもじの絵→「やるきいっぱつ」


笑ってやって下さい

元気!たぁちゃん募金

息子が全国大会出場を決めてから、接骨院の窓口には

『たぁちゃん頑張れ募金箱』           
が、設置されました。

「みんなでたぁちゃんを応援しよう」というものです。


1日1回は話題に登場する息子…みんながたぁちゃんのことを知っています。時には子守をしてもらうことも…


けん玉や独楽まわしを教えてくれたおじいちゃん…

「昔の生活・遊び」を調べるためにインタビューさせてもらったり…
折り紙を教えてくれたおばあちゃん…       

夏休みの工作を手伝ってもらったり、学校でベルマークがいると言うと、みんなが協力してくれます。


私らの孫や曾孫みたいなもんやから…

たぁちゃんは私らの希望の星☆やわ…

オリンピック出るまで、死なれへんわぁ


みんながチャリン、チャリン…と入れてくれた募金箱…

先日、ついに2万円を越えました


『ありがとうございます』

「おみやげ、うなぎパイでいい?」



「おいしいウナギ食べて、いっぱい応援したりよ

みんな笑ってくれました

本当にありがとうございます


頑張ってきます
(たぁちゃんが…)

元気!ガッツ敬愛!!

全国大会まであと10日…

最後の追込みをかけたい時期なのですが、どこの道場もお盆休みで、なかなか稽古できる場所が見つかりません

中学校は全国大会直前で調整期間に入ってるところが多いし…


う~ん・・・・・


アッもしかして…
あそこなら…


さっそく、道場の教え子に連絡をとってみました。


「お盆もずっと練習ですウチ、休みないですから…


や、やっぱり・・・


めでたく、稽古できる場所が見つかりました
それも、みっちり、ガンガン、ひったり稽古できるトコ


『東大阪大学敬愛高校』


・インターハイベスト8
・春の高校選手権 3位
・金鷲旗   ベスト8
・近畿大会    優勝


高校女子では近畿一、全国でもトップレベルの強豪校です。部員も30名を越え、今やノリノリのチーム…


「今日は国体チームも参加してるから、キツイぞぉ頑張りよ

お姉さんたちに脅され励まされながら、道着に着替えます。

女子だけのこの道場に1人だけ、くりくり坊主…
「かわいい~
みんなにナデナデされながら、稽古は始まりました。

始まるまでは、和気合い合いムード…

ひとたび、稽古が始まると、空気は一転します。

ピーンと張り詰めた緊張感のなか…

耳鳴りがするんじゃないかと思うくらいの掛け声…

ファイトぉ
ファイトぉ
ファイトぉ


割れんばかりの声の掛け合いに圧倒されていると…

「1年ッ!もっと声だそう
「はぁ~い

充分出てますけど…  


稽古の内容も短期集中…

ダラダラしてる子は1人もいないし、下がってる間も打ち込みをして…休んでる子もいない…

すげーッ

とまどい、タジタジする息子にも、次から次へと相手がついて、追込んで、追い込んで、追込みまくりの稽古ができました。


ラスト1本


涙・涙・鼻水ズルズルになりながら、最後の力を振り絞る息子に…

「たぁちゃん、がんばれ

「たぁちゃん、ファイト
みんなの声が集まります


終わりました…


まだ耳がワンワンしています。

「よく、がんばったね小学生で、この練習についてこれたの、たぁちゃんだけだよ

お姉ちゃんたちに頭をくしゃくしゃ~ってしてもらいました


今日もガッツ敬愛の稽古に参加するそうです。


がんばれたぁちゃん

がんばれ敬愛

元気!阿修羅に会いたい

奈良の興福寺に電話をかけました。


「今、阿修羅はそこにいますか?時々、美術館の仏像展などで出張することがあると聞いたので…」


「はい、阿修羅はここにいますよぜひ、会いに来てくださいね


係の人がノリのいい人でよかった…


『阿修羅に会える


大喜びしたのは息子です

阿修羅との出会いはマンガ『六三四の剣』

主人公「六三四」のライバル「修羅」の名前の由来でもある阿修羅…


六三四と修羅は正反対の剣士で「動」と「静」といった感じ…

六三四の金剛力士に対し、修羅の阿修羅…

戦闘の神で、同じ仏教の守護神でありながら、表情も身なりも全くちがう…


息子はどちらかといえば、金剛力士タイプかと思うのですが、なぜか阿修羅の姿に魅せられたようで、「阿修羅を見たい!」というのは、息子のたっての願いでもありました。


電車で2時間…
途中、奈良公園の鹿に何度も襲われながら、興福寺国宝館に到着


千手観音などいろいろな仏像が並ぶなか…


「いたいました

3つの顔と6本の手…
遠くを見つめるような静かで寂しそうな目には、たしかに何か引きつけられるような魅力があります。


念願の阿修羅との対面を果たした息子は、阿修羅像の前にしばらく釘づけとなり、なかなか動きませんでした。


そのあと、東大寺で金剛力士像も見ましたが、やっぱり阿修羅がいい!そうです。           
「阿修羅の目がやさしいから好き…」

「本当の強さはやさしさ」だから…」

という息子。      

この夏、少し大人になった気がしました。

元気!まっ白♪

今日の我が家の洗濯物… 
柔道着5枚、白衣、その他モロモロ…etc

息子の2部練+道場の稽古×3人分…

3人家族なのに6回洗濯機を回しました


『どっかの合宿所みたいやな


さすがにこれだけ真っ白が並ぶと気持ちいいね


洗剤のCM来ないかな…

合宿所か??

元気!あこがれ☆

淡路島で全国各地から集まった中学生の柔道の合宿がありました。


大学時代の先輩から「息子も参加させないか?」とお誘いの言葉をいただきました。

息子に話すと、中学生の中に小学5年生が一人…の状況にもかかわらず…

「えーッ行っていいのぉ?」

満面の笑みでノリノリです… (筋金入りの柔道バカや)


稽古が始まりました。
体の小さい1年生や女子はいるものの、見渡すかぎり中学生ばかり…
でも本人にとっては、なかなかいい稽古ができたようです。


少し遅れて、日本一の中学校の登場

見るからに強そうな…
中学生とは思えない体格…
なんかオーラ出てそう


息子の顔はこんな感じ


しばらくすると、その中でも1番強いお兄ちゃんが声をかけてくれました。
全日本のジュニア強化選手にも入ってるそうです。


「何年生?」

「ごッ5年生です。」

「全国大会出るの?」

「はい!」

「そうかぁ…がんばれよ」

「○○くんですよね?」

「俺の名前知ってるの?」

「はい、近代柔道で…」

「そうかぁ明日、いっしょに稽古しような

息子の目は完全にハート

いつも、新聞や雑誌でしか見れない選手に会えて、声もかけてもらい…おまけに稽古までしてもらえるなんて…


中学生相手の2部練…
気も張って、心も体もヘロヘロなはずでしたが、今日は興奮してなかなか眠れなかったようです。


オリンピックや甲子園も熱いけど…


我が家の5年生も熱いぜ

元気!おかえり♪

帰ってきましたよ

我が家のかわいいかわいいお坊っちゃまが…


お昼過ぎ、岐阜の妹から連絡があり、帰りの新幹線も乗り換えあり!とのこと…


「本人は『大丈夫』って言うけど、私もやっぱり不安やわ

と、妹…。       

でも、そこはさすが、ガッコの先生


『ひかり○○号、
 京都発○○.博多行』


しっかりメモを持たせてくれました。


さて、こちらは西明石駅…

改札口で待つ母…
予定より30分も早く着いてしまった       

べっ別にそわそわしてるわけじゃないのよ


到着

人の波が改札へ…


サッと私がいるのを確認すること、笑うわけでも、手を振るわけでもなく…
なぁんか、ツンとすましてる…


「おかえり

「ふん!」

何も言わず、手に提げた紙袋を差し出した。
おみやげが入ってる…


「乗り換えどうやった?」

「楽勝やし


どこの国の人か分からんくらい、真っ黒けになった顔が、妙に調子こいてる


一人旅で自信をつけ、またひとまわり大きくなった息子…


からだだけでなく、態度もLLになって帰ってきた

(行きは泣いてたくせに…)


でも母は知っている…


妹が書いてくれたメモ書きを最後の最後まで、お守りのように握りしめていたことを…


私の顔を見るなり、サッとポケットに隠したことも…

元気!お盆のお客さま

お盆が近づいてます。
仏様をお迎えする準備か忙しいのか、この時期は少し暇になります…


「もうすぐ、お父ちゃん帰って来るなぁ…」

なんて、話していると…

「先生、○○さんも帰って来るで


「ほんまや…きっと、ここにも来るわ


おいおい・・・・(;^_^


○○さんとは、接骨院の常連患者さんだった方で、昨年、事故で亡くなられたおっちゃんです。
今年が初盆だそうです。


「毎日、先生の顔見るのが楽しみや
と、言って下さって、

なくなる前の日も…

「明日、また元気玉もらいに来るわ

と言って、帰られました。

いつも接骨院のことを気にかけて下さって、夏になれば、すだれを付けるのを手伝ってくれたり、クリスマスが近づけば、電飾を飾ってくれたり…


「気のええ人やったなぁ」

みんなで、思い出話に浸りました。       


ギギギギ~

「最近、昇降ベットの調子悪いなぁ…油ささなあかん」

私が言うと…

「お盆の間に○○さんが、直してくれるわ


わははは


ホントやったら怖いやん

元気!海の家といえば…

「海の家」といえば…と言う話になった。


私が『焼そばでしょう』と言うと…


息子が『たこ焼きやろ

『やっぱりビール


『じゃあ、ラムネ


そんな話を接骨院でしたら、平均75歳の朝のメンバーが口を揃えて…


『空豆やろ…』


・・・・・(・・?)


空豆に過剰に反応した私

何それ??


海に行くときには、炒ってもらった空豆を布袋に入れて、ヒモで水着にくくり付けておきます。
海で遊んでひと休みする頃には、袋の中の空豆はちょうどいい具合にふやけて、塩味が効いて…これがおやつだったそうです。


「おいしかったなぁ…
「なつかしいなぁ

みんな目を細めて笑ってました。

海の水もきれいだったんでしょうね…       

『海の家といえば…?』

元気!たぁちゃんの大冒険

実家の母から電話がありました。
今年はお盆明けに全国大会があって、バタバタするので、実家には帰らないつもりだったのですが、母の仕事の休みがとれたので、息子だけでも、こっちに来させないか?との提案でした。

息子に話すと2つ返事で、「行く」と答えました。  

ただ問題が1つ…
平日は私が仕事でついて行けないので、息子1人で新幹線に乗って行かなくてはなりません。

「駅まで送ってくれるんやろ?なら、大丈夫やわ!」

息子の鼻息も荒いので、1人で行かせることにしました。


新幹線の時間を調べ、お迎えの打ち合せも万全にし、いざ出陣


新幹線に1時間半座ってるだけで、おばあちゃんが迎えに来てくれて…なんの問題もない簡単1人旅のはずだったのですが…


ハプニングが…


朝、駅まで送る途中で、車の渋滞に巻き込まれ、予定していた新幹線に乗り遅れてしまったのです


我が家の最寄りの西明石駅と実家の最寄りの岐阜羽島駅には普段、各駅(こだま)しか停まりません。
だから普通は大体、新大阪で乗り換えなければならないのです。
でも1日に数本だけ、どちらにも停まる東京行きの「ひかり」があります。
それに乗れば、乗り換えなしで岐阜羽島まで行くことができます。      

それに乗るはずだったのですが…

ン( ̄□ ̄;)!!



乗り換えなしの直通はしばらくありません…



向こうでの予定や私の出勤時間を考えると、次の新幹線に乗ってもらうしかありません。
(もちろん、乗り換えありです


「大丈夫?できる?」  

「う、うん…」

目は完全にアイフル犬になり、今から試合でもするのか?というような顔はカチカチに固まってます。


「子供1人で岐阜羽島まで行くのですが…」

近くの駅員さんに尋ねると、時刻表や駅の地図など、いろいろ照らし合わせながら、丁寧に調べてくれました。


「乗り換えのためにホームや番線を移動しなくてはならない新大阪より、降りたホームで次の新幹線を待つ京都で乗り換える方がいいですよ


・京都で降りること
・降りたホームの反対側で 待つこと
・「こだま」に乗ること

何度も何度も説明し、いよいよホームへ


ホームに上がるとすぐに新幹線が入ってきました。
息子はもう一度注意事項を復唱し、乗り込みました。

「京都やでこだまやで

ホームから大声で叫ぶ母とうなずく息子に、他のお客さんが気付き、1人、座席に座る息子に声をかけてくれました。


出発進行
息子は強ばった笑顔で手を振りました



1時間半後…


「改札口にて無事確保」母から連絡がありました。


息子から一言…
「楽勝やった

(うそつけおまえ、泣いとったやないか



どうやら、母の大冒険だったみたいです。

元気!プール当番

地区の連絡網が回ってきました。

『今日のプールは中止』


なんでも、連日の暑さで、プール内に藻が大量発生したとか…


いい天気なのに中止とは…今日の当番さん、ラッキーやなぁ…


しばらくして、連絡網とは別にメールが来ました。

「ありがとう変わってもらったのに、今日が中止でごめんね…


・・・・・(・・?)


私だったっけ…


そうなんです
ホントは私だったのですが、どうしても都合の悪い友達と変わってあげたんだった


ま、いっか
きっと、いいことあるよね
プロフィール

空豆

Author:空豆
女柔道整復師
接骨院院長であり主婦であり
1男の母でもあります。

カテゴリー
ads by Google
最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最近のコメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
最近のトラックバック
★超便利★ブックマーク登録
Yahoo!に追加
Googleに追加
livedoorClipに追加
♥. ♠. ♣Alice
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。